ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.受け取った手形を満期日以前に銀行にて割り引いた場合の登録方法

対象製品
会計王18以降
会計王18NPO法人スタイル以降
会計王18介護事業所スタイル以降
MA1
会計王18PRO以降

 

受け取った手形を満期日以前に銀行で換金した場合は、「管理」→「手形登録」で登録済みの手形登録内容を変更します。

※満期日以前に銀行で割引をした手形につきましては、手形を受け取った際の登録がないと割引処理はできません。

 

<操作手順>

 

例:ソリマチ商店より、売掛金代金として2XXX年4月1日に受け取っていた手形100,000円につき、満期日(2XXX年5月20日)を待たずに、2XXX年4月30日に銀行で割引をした場合。割引料は10,000円とする。

 

1.「管理」→「手形登録」を開きます。

 

2.[受取手形]タブ内の既に登録済みの2XXX年4月1日に受け取った手形をクリックし、左上の[修正]ボタンをクリックします。

3.〔受取手形情報修正〕画面が表示されましたら〔顛末情報〕の[追加]ボタンをクリックします。

 

4.〔顛末〕の▼をクリックし、〔割引〕を選択します。

 

5.割引日付(例では4月30日)を入力し、割引銀行をドロップダウンリストより選択後、[設定]ボタンをクリックします。.

6.〔受取手形情報修正〕画面に戻り、〔顛末情報〕に〔割引〕が追加されたことを確認します。

基本情報の〔割引料〕欄に割引料(例では10,000円)を入力し、[登録]ボタンをクリックします。

 

7.顛末欄が〔割引〕に変更されます。

 

※割引時の仕訳を「管理」→「手形仕訳転送」で転送した場合は下のようになります。

 

(ア)間接法での仕訳転送の場合

※間接法の場合、手形の満期日に必ず顛末履歴〔決済〕の履歴を追加し、受取手形と割引手形の相殺仕訳を作成する必要があります。

詳しくは、こちらをご参考ください。

 

(イ)直接法での仕訳転送の場合

※直接法の場合、決済仕訳の作成は不要ですが、手形の満期日に必ず顛末履歴〔決済〕の履歴を追加してください。

詳しくは、こちらをご参考ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています