ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.給与・賞与データを外部から取り込む方法

対象製品
給料王18以降

 

独自に作成したデータや他社製品のデータを給料王の「給与データ」、「賞与データ」として取り込みできます。

 

操作手順>

 

1.「設定」→「他社製品データ取り込み」を開きます。

 

2.「取り込みデータ」の▼をクリックし、データを選択します。

 

例:給与データ取り込みの場合

 

3.「取り込み元」ファイルを指定します。

(ア)[参照]ボタンをクリックします。

 

(イ)左側よりデータを保存している箇所をクリックします。(例:ドキュメント)

 

(ウ)表示された中から該当のファイルを選び、ファイル名に表示されることをご確認ください。

 

(エ)[開く]ボタンをクリックします。

 

4.「他社製品データ取り込み」画面にもどります。

(ア)「取り込み元」に3番で指定したファイルの場所、ファイル名、が表示されていることをご確認ください。

 

(イ)[次へ]ボタンをクリックします。

 

5.「取り込み項目対応付け」画面になります。

(ア)取込をされる給与年月を選択します。過去のデータも取り込むことができます。

 

(イ)すでに保存したデータ形式がある場合は、画面右上の[読み込み]ボタンをクリックします。

image005.jpg

 

a:「他社製品データ取り込み 取込データ形式の読み込み」画面になります。

 

b:「取込データ形式」の▼をクリックしデータを選択し[実行]ボタンをクリックします。

 

6.給料王の項目と取込データ項目の対応付けを自動で行う場合は、画面左下の[自動マッチング]ボタンをクリックします。

※「自動マッチング」の際に、社員コード→氏名の順で対応付けを行いますので、取り込みするデータ上に次のように登録を行うと、取り込みがスムーズに行われます。
a.見出しとして『社員コード』と『氏名』を設定します。

b.給料王上で登録している『社員コード』と『氏名』をデータに入力します。

image007.gif

 

(ア)確認画面が表示されましたら内容をご確認の上、[はい]ボタンをクリックします。

 

(イ)「給料王の項目」に取り込みたい項目名が表示されたことをご確認ください。

※取り込まれる項目で「未設定」の表示の場合は、▼をクリックして給料王の項目と対応付けをしてください。

 

7.項目の設定を確認後、画面右上の[保存]ボタンをクリックします。

image010.gif

(ア)取込データ形式を選択します。すでに保存したデータ形式を上書きする場合は「取込データ形式」の▼をクリックし保存データを選択します。新規作成の場合は、▼をクリックし、<新規作成>を選択します。

 

例:新規作成の場合

a:形式名称を入力します。

b:[保存]ボタンをクリックします。

 

(イ)画面右下の[取り込み]ボタンをクリックします。

 

8.「取込給与年月」が表示されます。年月をご確認の上[はい]ボタンをクリックします。

image013.jpg

 

9.確認画面が表示されましたら内容をご確認の上、[はい]ボタンをクリックします。

 

10.ロック処理についての確認メッセージが表示されます。

(ア)[はい]をクリックした場合は、元のデータがロックされ、そのままの内容で取り込まれます。

例:「社員情報設定」の内容を反映せずに、すべて元データ通りに取り込む場合

「給与データ入力」画面は、ロック処理されます。

※「給与データ入力」画面でロックを解除されますと、「社員情報設定」の内容で再計算されます。

image016.jpg

 

(イ)[いいえ]をクリックした場合は、給料王の「社員情報設定」の内容を元に計算され取り込まれます。

例:普通残業の金額等を設定内容で自動計算させる場合。

「給与データ入力」画面で、普通残業時間に取り込まれた時間数で計算され金額が反映します。

 

11.完了画面が表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

image019.jpg

 

12.「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開いて、内容をご確認ください

 

<こんな時は…>

 

A.過去給与の給与データを取り込んだ場合

 

以下のメッセージが表示されます。

image020.jpg

 

一部取込がされない項目がございます。

お手数ですが、以下の操作を行い内容のご確認をお願いいたします

 

1.「ツール」→「給与台帳入力(過去分)」画面をクリックします。

 

2.修正される年度をご確認いただき、[設定]ボタンをクリックします。

image021.jpg

 

3.画面左側の該当社員様をクリックし、該当年月を選択します。

 

4.画面上の[集計処理]ボタンをクリックします。

image022.jpg

 

5.再計算項目が表示されますので、内容をご確認いただき、[開始]ボタンをクリックします。

 

6.再集計されるようになりますので、金額をご確認ください。

※「集計処理」は1か月ごととなります。

 

※過去の賞与データを取り込んだ場合、「賞与税率」の取込がされません。

必要に応じて「ツール」→「賞与台帳入力(過去分)」にて直接手入力で「賞与税率」のご入力をお願い致します。

image023.jpg

 

B.「有給日数管理」機能ご利用の場合

 

「他社製品データ取り込み」にて取り込んだ給与データの『有休日数』の値は、「設定」→「有給日数管理」に自動反映されません。

取り込みする月により、以下のように表示されます。

 

1.最新給与月よりも過去月の給与データを取り込みする場合

image024.gif

 

例 最新給与月が10月で、給与処理月9月以前の給与データを取り込む場合

 

取り込みするデータ内に『有休日数』と『有休残日数』の項目をご用意いただくことで、「ツール」→「給与台帳入力(過去分)」のそれぞれの欄に取り込みした値が反映されます。

(ア)取り込みするデータ

image025.gif

 

(イ)取り込み後の「給与台帳入力(過去分)」の表示

9月給与のデータとして取り込みした場合は、『有休日数』と『有休残日数』の項目に値が反映されます。

image026.jpg

 

 

2.最新給与月と同じ給与処理月の場合

 

データ内に『有休日数』に値があっても、『有休残日数』には自動反映されません。

また、データ取り込み後『有休日数』の値を変更されると、『有休残日数』の値が正しく表示されなくなります。

 

お手数でも『有休日数』は取り込みを行わず、「給与」→「給与データ入力」画面にて手入力してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
6人中2人がこの記事が役に立ったと言っています