ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.月ごとに棚卸の仕訳を入力する方法

対象製品
会計王18以降
会計王18介護事業所スタイル以降
MA1
会計王18PRO以降
みんなの青色申告18以降

 

月次で棚卸を行い、仕訳を製品で入力する場合には、別途「導入」→「勘定科目設定」画面より『月次棚卸高』科目を作成し仕訳入力を行います。

 

※この操作では「決算」→「決算書」の計算期間にて期首月~任意月までを指定した場合や、

「分析」→「月次残高推移表」にて「累計計算」のチェックONにした場合のみ

正しい「月次棚卸高」の金額が表示されます。

 

 

<操作手順>

 

※こちらの操作を行う前に、「ファイル」→「データバックアップ」にてバックアップをお取りください。

 

1.「導入」→「勘定科目設定」を開きます。

 

2.画面左上の「売上原価」タブをクリックします。

 

 

3.コード『646 期末製品棚卸高』をクリックし、画面左上の[新規科目]→[同一階層に挿入]をクリックします。

 

 

4.コード『646 期末製品棚卸高』の下に行が挿入されますので、『647 月次棚卸高』科目を追加作成します。

 

※製造原価科目(材料や仕掛品)に関して月次棚卸を計上する場合は、下記のように、〔製造原価〕内の〔材料費〕〔仕掛品〕中にそれぞれ科目を作成し、仕訳入力をお試しください。製造原価科目に月次棚卸を行う必要がない場合は、5へお進みください。

 

 

(ア)画面右上の「製造原価」タブをクリックします。

 

 

 

(イ)コード『832 期末材料棚卸高2』をクリックし、画面左上の[新規科目]→[同一階層に挿入]をクリックします。

 

 

(ウ)コード『832 期末材料棚卸高2』の下に行が挿入されますので、『833 月次材料棚卸高』勘定を追加作成します。

 

 

(エ)コード『899 期末仕掛品棚卸高』をクリックし、画面左上の[新規科目]→[同一階層に挿入]をクリックします。

 

 

(オ)コード『899 期末仕掛品棚卸高』の下に行が挿入されますので、『897 月次仕掛品棚卸高』勘定を追加作成します。

 

 

 

5.作成した『月次棚卸高』の科目を使用し、仕訳入力する場合は下記のように入力してください。

 

例:勘定科目「647:月次棚卸高」を用いて、会計期間がXX年1月~XX年12月までの会社で、月末に棚卸を行い仕訳入力する場合。

 

 

 

前年 12月末在庫   130,000

XX年 1月 〃      10,000

XX年 2月 〃      20,000

XX年 3月 〃      30,000

XX年11月 〃     110,000

XX年12月 〃     120,000

 

【棚卸の月次仕訳】

 

《1月の仕訳》

XX年 1月1日

(借方)期首商品棚卸高 130,000 (貸方)商品      130,000

image017.jpg

 

XX年 1月末日

(借方)商品       10,000 (貸方)月次棚卸高    10,000

image018.jpg

 

 

《2月の仕訳》

XX年 2月1日

(借方)月次棚卸高    10,000 (貸方)商品       10,000

image019.jpg

 

XX年 2月末日

(借方)商品       20,000 (貸方)月次棚卸高    20,000

image020.jpg

 

 

《3月の仕訳》

XX年 3月1日

(借方)月次棚卸高    20,000 (貸方)商品       20,000

image021.jpg

 

XX年 3月末日

(借方)商品       30,000 (貸方)月次棚卸高    30,000

image022.jpg

 

 

 

 

《12月の仕訳》

XX年12月1日

(借方)月次棚卸高   110,000 (貸方)商品      110,000

image023.jpg

 

XX年12月末日

(借方)商品      120,000 (貸方)期末商品棚卸高 120,000

image024.jpg

 

 

6.「集計」→「月次残高推移表」では以下のように表示されます。

   ※集計時には必ず「累計計算」にチェックをつけます。

image025.jpg 

 

【誤】

「累計計算」にチェックを付けない場合は「月次棚卸高」および「期末商品棚卸高」の金額は正しく表示されません。

image026.jpg

 

 

7.「決算」→「決算書」では以下のように表示されます。※集計時は必ず期首月から集計します。

 

【例1:期首~決算まで集計した場合】

image027.jpg

image013.gif

image028.jpg

上記の図のように12月末残高(例の場合120,000)が月次棚卸高に記載されます。

 

 

【例2:期首~3月まで集計した場合】

image029.jpg

image009.gif

image030.jpg

上記の図のように3月末残高(例の場合30,000)が月次棚卸高に記載されます。

 

 

【誤:3月だけ集計した場合】

※期首を含めずに単月(例の場合「3月」)のみを選択した場合、正しい月次棚卸高は表示されません。

image031.jpg

image004.gif

image032.jpg

上記の図のように正しい3月末残高(例の場合30,000円)が月次棚卸高に表示されません。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています