ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q. 使用していた給料王が突然起動できない場合の対処方法

対象製品
給料王18以降

 

今まで起動ができていた給料王が下記メッセージで起動ができない場合、SQLServerが停止になっている可能性があります。以下の方法を行って下さい。

image001.jpg

 

<操作手順1>

 

1.メッセージの内容をご確認いただき、他のソリマチ製品が起動していないことを確認後、[はい]ボタンをクリックします。

 image002.jpg

 

2.「ユーザーアカウント制御」画面が表示されましたら[はい]ボタンをクリックします。

 image003.jpg

 

3.画面左側にコマンドプロンプトの画面が表示されますが、そのままお待ちください。

 image004.jpg

4.コマンドプロンプト画面が消えますのでそのまま給料王が起動できるかご確認ください。

 

上記操作を行っていただき、現象が改善されない場合は、<操作手順2>にて「SQL Server」を開始にします。

 

<操作手順2>

 

1.「SQL Serverの接続先設定」画面が表示されている場合には、サーバー欄に表示されているインスタンス名を確認し、 [キャンセル]ボタンをクリックします。

 

※インスタンス名は、サーバー欄の¥マーク以降の表示になります。例えば、下図の場合、インスタンス名は、SORIMACHI2012です。

 image005.gif

 

2.停止しているSQL Serverを開始にします。

 (ア)Windows 10/8.1/8/ 7/Vistaの場合。(8は18シリーズ以前のみ)、

 

a.キーボードの「Windowsキー()」+「R」を押し「ファイル名を指定して実行」を表示します。

 

b.名前欄に「services.msc」と入力し、[OK]ボタンをクリックします。

 image007.jpg

c.「サービス」画面が開きます。画面右側にアルファベット順に表示が出ますので、「SQL Server(○○)」という名前を探します。

1番で確認したインスタンス名の状態をご確認ください。

(例:SQL Server(SORIMACHI2012)等)。

 image008.jpg

 

d.1番で確認したインスタンス名の状態が空欄になっている場合は、停止の状態です。右クリックし「開始」を選択します。

 例:SQL Server(SORIMACHI2012)が停止になっているので、右クリックし「開始」を選択します。

image009.jpg

※SQL Server Agentと表示されているものは、「開始」にはできません。停止のままにします。

 

e.「状態」が「実行中」になりましたら、「×」ボタンをクリックします。

 

f.給料王の起動をお試しください。

 

 

(イ)XPの場合。(18シリーズ以前のみ)

 

a.「スタート」→「すべてのプログラム」→「Microsoft SQL SERVER2008R2」→「構成ツール」→「SQL server 構成マネージャー」を開きます。

image010.jpg

 

b.「ユーザーアカウント制御」画面が表示されましたら、[はい]または[許可]または[OK]ボタンをクリックします。

 

c.「Sql Server Configuration Maneger」画面が表示されます。

画面左側の「SQL Serverのサービス」をクリックします。

 image011.jpg

 

d.画面右側に、「SQL Server(○○)」という名前が表示されます。

カッコの中に「SORIMACHI」と入っているものの状態をご確認ください。

(例:下図の場合、「SQL Server(SORIMACHI2008)」だけが「停止」になっています。)

 image012.jpg

 

e.1番で確認したインスタンス名が「停止」となっている場合は、右クリックして「開始」を選択します。

例:SORIMACHI2008が停止になっているので、開始にします。

image013.jpg

f.「SQLServer」の状態が「実行中」になりましたら、画面を「×」ボタンで閉じます。

 

g.給料王の起動をお試しください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています