ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.顧客一覧から顧客にメールを配信する方法

対象製品
顧客王18以降

 

※顧客王のメール送信機能は、メール送信を制御するためのWindows標準のプログラムである「MAPI」を使って動作しております。そのため、お使いのメールソフトが「MAPI」に対応していない場合は、顧客王から正しくメール送信することはできません。

お使いのメールソフトが「MAPI」に対応しているかどうかは、ソフトのメーカー様にお問い合わせください。

 

<操作方法>

1.ダイレクトメニューの「顧客管理」-「顧客一覧」を開きます。

 

2.「顧客一覧」画面が表示されますので、メールを配信する顧客の選択欄にチェックマークを入れます。全員に一括でチェックを入れたい場合は画面上部の[全選択(F3)]ボタンをクリックしてください。

※個人の顧客と法人の顧客は別々に表示されます。個人と法人の顧客に対してメールを送る場合は、同時にはできないため「個人・法人区分(K)」でどちらかを選択して個別に行ってください。

 

3.メールを送る顧客を選択したら、画面右上にある[メール(F11)]ボタンをクリックします。

 

4.「メール一括配信」画面が表示されますので、必要な情報を入力し[送信(F12)]ボタンをクリックします。

 

(ア)保存名称(Q)

同じ内容で何度もメール送信したい場合や、送信時の内容を後で確認できるように残しておきたい場合は、わかりやすい名称を入力して保存しておきます。

既に登録済みのメール内容を表示する場合は、ドロップダウンリストから選択します。

 

(イ)宛先(B)

顧客カードに属性が「E-mail」の項目が複数ある場合、どの項目のメールアドレスに送信するか選択します。選択した項目にメールアドレスが登録されていない顧客は、送信対象にはなりません。

 

(ウ)添付ファイル(F)

[添付ファイル追加(A)]ボタンをクリックすると、ファイルを指定する画面が表示されます。

ファイルを選択すると「添付ファイル(F)」欄にファイル名が表示されます。複数のファイルを添付することができます。

 

(エ)件名(T)

配信するメールの題名を入力します。

 

(オ)本文(M)

メールの本文を入力します。

 

(カ)削除(F4)

選択している「保存名称」の設定内容が削除されます。

 

(キ)配信内容保存(F3)

設定した内容を保存します。「保存名称」を入力してからクリックします。

 

(ク)送信(F12)

メールソフトが起動し、入力した内容でメールを送信できます。

 

5.送信が完了すると、下記画面が自動的に表示され、メールを配信したすべての顧客に対して同じ内容の履歴を一括で登録することができます(履歴として保存しない場合は、[キャンセル]ボタンをクリックしてください)。

画面右側の「前処理の内容(B)」には、「メールを送信した」という文章や、メールのタイトル等が表示されます。これらの内容を入力に使用したい場合は、貼り付けたい項目と「前処理の内容(B)」を選択してから[カーソル位置への貼り付け(F7)]ボタンをクリックするとコピーできます。

※「前処理の内容(B)」のコピー先として選択できるのは文字列の項目だけです。日付や区分を選択する項目に文字を貼り付けようとすると、下記のようにメッセージが表示され貼り付けができません。

 

6.入力内容が完成したら[開始]ボタンをクリックします。設定した履歴が一括登録されます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています