ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.SQL Server 2008 R2 Express Editionを手動でインストールする方法

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

顧客王18以降

 

通常の方法でデータベースエンジン(SQLServer)のインストールが行えない場合は、手動でインストールする方法をお試しください。

A.旧製品(販売王14~18)のCDからインストールする方法
B.Microsoft社のホームページからダウンロードして、インストールする方法


A.旧製品(販売王14~18)のCDからインストールする方法
1.旧製品のCDをパソコンにセットします。

(ア)「自動再生」画面が表示されますので「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。 ※「自動再生」画面が表示されない場合はインストールが始まりますが、[キャンセル]ボタンをクリックし、エクスプローラーからCDの中身を表示してください。

 

(イ)CDの中のフォルダーで「SQL2008R2Expr」を開き、「SQLEXPR_x86_JPN.exe」をダブルクリックします。

 

 

2.「Microsoft .NET Framework X.Xがインストールされていません。セットアップを実行する前にインストールしてください」(※Xは数字が入ります)というメッセージが表示された場合は、以下手順3.からの作業をおこなってください。 メッセージが表示されなかった場合は 手順6.へ進んでください。

 

3.現在表示されている「SQL2008R2Expr」フォルダーの左上の[←(戻る)]ボタンをクリックします。

 

4.再度CDの中身を開いた直後の状態になりますので、以下の操作を行います。

(ア)CDの中のフォルダーで「Maintenance」-「dotnetfx」-「351」を開きます。

 

(イ)フォルダー内の『dotnetfx35.exe』をダブルクリックして、インストールを行ないます。

 

(ウ)続けて以下のファイルをインストールします。OSが32bitと64bitで使用するファイルが異なります。ご使用のパソコンのOSに該当する方をご利用ください。 32bit → dotnetfx35langpack_x86ja.exe 64bit → dotnetfx35langpack_x64ja.exe

5.「Microsoft .NET Framework」のインストールが終わりましたら、再度手順1.(イ)の「SQLEXPR_x86_JPN.exe」をダブルクリックしてください。

 

6.「SQL Server インストールセンター」画面が表示されます。画面左側の「インストール」をクリックし、右側の「新規インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します。」をクリックします。

 

7.「ライセンス条項」画面が表示されます。「ライセンス条項に同意する。」にチェックを入れて[次へ]ボタンをクリックします。

 

8.「機能の選択」画面が表示されますので、[すべて選択]ボタンをクリックして、[次へ]ボタンをクリックします。

 

9.「インスタンスの構成」画面が表示されますので、『○名前付きインスタンス(A)』を選んでいただき、任意の名前を半角英数字で入力して[次へ(N)]ボタンをクリックしてください(通常は『SORIMACHI2008』とご入力ください)。

 

10.「サーバーの構成」画面が表示されますので、サービス「SQL Server Database Eng...」のアカウント名を『NT AUTHORITY\SYSTEM』に変更します。 また、表示されているすべてのサービスで「スタートアップの種類」を『自動』にしてから、[次へ]ボタンをクリックします。

 

11.「データベース エンジンの構成」画面が表示されますので、以下の設定を行ってください。

(ア)『○混合モード(M)(SQL Server認証とWindows認証)』を選択し、「パスワードの入力」・「パスワードの確認入力」に任意の半角英数記号のパスワード(例:pass_word等)を入力します。 ※パスワードにはアンダーバー( _ )を含める事を推奨いたします。また、入力したパスワードはメモ等に控えておいてください。

 

(イ)「SQL Server 管理者の指定」に『Everyone』を追加します。

a:画面下部の[追加]ボタンをクリックします。

 

b:「ユーザー または グループ の選択」画面が表示されますので、画面左下の[詳細設定]ボタンをクリックします。

 

c:以下の画面が表示されますので、右側の[検索]ボタンをクリックし、「検索結果」に表示された一覧から『Everyone』を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

 

d:『Everyone』が表示された状態の「ユーザー または グループ の選択」画面に戻りますので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。

 

e:「SQL Server 管理者の指定」に『Everyone』が追加されたことを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

 

12.「エラーレポート」画面はそのまま[次へ]ボタンをクリックします。インストールが始まります。

 

13.「完了」画面が表示されましたら[閉じる]ボタンをクリックし、残っている手順6の画面も閉じてください。

 

14.製品のインストールを行います。

インストール終了後、製品を起動します。

 

15.初回起動時に「SQL Server の接続設定」画面が表示される場合があります。 「パスワード(P)」欄に、手順11で設定したパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックしてください。

 

16.製品のデータベース作成方法画面が表示されることを確認します。

 

B.Microsoft社のホームページからダウンロードして、インストールする方法

1.ホームページ上から、「SQL Server 2008 R2 Express Edition サービスパック2」をダウンロードします。

 

(ア)次のURLをクリックします(2018年8月21日現在)。

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=30438

※正しく画面が表示されない場合は、何度か開き直してみてください。

 

(イ)表示されたページから、[ダウンロード]をクリックし、『SQLEXPR_x86_JPN.exe(ファイルサイズ118.2MB)』にチェックを入れて[次へ]をクリックしますと自動的にダウンロードが始まります。

※お使いのOSが64bit版の場合は、『SQLEXPR_x64_JPN.exe(ファイルサイズ132.8MB)』を選択します。

 image017.jpg

 

2.保存した「SQLEXPR_x86_JPN.exe」をダブルクリックしてください(環境によっては「.exe」が表示されない場合があります)。

※「セキュリティの警告」画面が表示された場合は、[実行]をクリックします。

 image018.jpg

 

3.「Microsoft .NET Framework X.Xがインストールされていません。セットアップを実行する前にインストールしてください」(※Xは数字が入ります)というメッセージが表示された場合は、以下手順4.からの作業をおこなってください。 メッセージが表示されなかった場合は 手順6.へ進んでください。

 

4.旧製品(販売王14~18)のCDをパソコンにセットします。

※CDから.NET Framework3.5がインストールできるのは旧製品(販売王14~18)のみです。バージョン19以降をお使いのお客様はこちらからファイルの取得を行ってください。

 

(ア)「自動再生」画面が表示されますので「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

※「自動再生」画面が表示されない場合はインストールが始まりますが、[キャンセル]ボタンをクリックし、エクスプローラーからCDの中身を表示してください。

 image019.gif

 

(イ)CDの中のフォルダーで「Maintenance」-「dotnetfx」-「351」を開きます。

 

(ウ)フォルダー内の『dotnetfx35.exe』をダブルクリックして、インストールを行ないます。

 

(エ)続けて以下のファイルをインストールします。OSが32bitと64bitで使用するファイルが異なります。ご使用のパソコンのOSに該当する方をご利用ください。

32bit → dotnetfx35langpack_x86ja.exe
64bit → dotnetfx35langpack_x64ja.exe

 

5.「Microsoft .NET Framework」のインストールが終わりましたら、再度手順2の「SQLEXPR_x86_JPN.exe」をダブルクリックしてください。

 

6.「SQL Server インストールセンター」画面が表示されます。画面左側の「インストール」をクリックし、右側の「SQLServerの新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します。」をクリックします。

 image020.jpg

 

7.「製品の更新プログラム」画面が表示されますので、そのまま[次へ]をクリックします。

 image021.jpg

 

8.「ライセンス条項」画面が表示されます。「ライセンス条項に同意する。」にチェックを入れて[次へ]ボタンをクリックします。

 image022.jpg

 

9.「機能の選択」画面が表示されますので、[すべて選択]ボタンをクリックして、[次へ]ボタンをクリックします。

 image023.jpg

 

10.「インスタンスの構成」画面が表示されますので、『名前付きインスタンス(A)』に任意の名前を半角英数字で入力して[次へ(N)]ボタンをクリックしてください(通常は『SORIMACHI2008』とご入力ください)。

 image024.jpg

 

11.「サーバーの構成」画面が表示されますので、サービス「SQL Server Database Eng...」のアカウント名を『NT AUTHORITY\SYSTEM』に変更します。
また、表示されているすべてのサービスで「スタートアップの種類」を『自動』にしてから、[次へ]ボタンをクリックします。

image025.jpg 

12.「データベース エンジンの構成」画面が表示されますので、以下の設定を行ってください。

image026.gif

 

(ア)『○混合モード(M)(SQL Server認証とWindows認証)』を選択し、「パスワードの入力」・「パスワードの確認入力」に任意の半角英数記号のパスワード(例:pass_word等)を入力します。 ※パスワードにはアンダーバー( _ )を含める事を推奨いたします。また、入力したパスワードはメモ等に控えておいてください。

 

(イ)「SQL Server 管理者の指定」に『Everyone』を追加します。

a:画面下部の[追加]ボタンをクリックします。

※表示がされていない場合は、画面を縦にスクロールしてください。

 

b:「ユーザー または グループ の選択」画面が表示されますので、画面左下の[詳細設定]ボタンをクリックします。

 image027.jpg

 

c:以下の画面が表示されますので、右側の[検索]ボタンをクリックし、「検索結果」に表示された一覧から『Everyone』を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

 image028.gif

 

d:『Everyone』が表示された状態の「ユーザー または グループ の選択」画面に戻りますので、そのまま[OK]ボタンをクリックします。

 image029.jpg

 

e:「SQL Server 管理者の指定」に『Everyone』が追加されたことを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

image030.jpg 

13.「エラーレポート」画面はそのまま[次へ]ボタンをクリックします。インストールが始まります。

 

14.「完了」画面が表示されましたら[閉じる]ボタンをクリックし、残っている手順6の画面も閉じてください。

 

15.インストール後、SQLServerの設定を変更します。

(ア)キーボードの「Windows」キー + 「R」キーを押し、「ファイル名を指定して実行」画面を表示します。

 

(イ)「名前」欄に『services.msc』と入力して、[OK]をクリックします。

 image031.jpg

 

(ウ)「サービス」画面が表示されますので、「SQL Server (SORIMACHI2008)」を右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

※下線部分は手順10で指定したインスタンス名となります。

 image032.jpg

 

※「名前」欄の幅が狭くて目的の表記を見つけづらい場合は、「名前」欄と隣にある項目の仕切りをドラッグすることで、項目幅を変更することができます。

 image034.gif

 

(エ)「ログオン」タブをクリックし、現在の「アカウント」の選択から「ローカル システム アカウント」に変更して、[OK]をクリックします。

 image035.jpg

 

(オ)「新しいログオン名はこのサービスを停止して再起動するまでは無効です。」のメッセージは、[OK]をクリックします。

image036.jpg 

 

(カ)再度、「サービス」画面に戻りますので、「SQL Server (SORIMACHI2008)」を右クリックして、「再起動」をクリックします。

 image037.jpg

 

(キ)サービスの再起動が終わるまで待ちます。

image038.jpg 

 

16.製品のインストールを行います。製品インストールの際は、今回インストールしたSQLServerを利用するため、以下の設定を行ないます。

(ア)インストール時の「データベースエンジンの詳細セットアップ」にチェックを入れて、[次へ] ボタンをクリックします。

image039.jpg 

 

(イ)「インスタンス名」に手順10で指定したインスタンス名(通常は『SORIMACHI2008』)を入力して、[次へ] ボタンをクリックします。

image040.jpg 

 

(ウ)以下のメッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

※「ソリマチ製品」には、お使いの製品名が表示されます。

image041.jpg 

 

(エ)以降は画面の指示に従ってインストールを行なってください。

 

17.インストール終了後、製品を起動します。初回起動時に以下のメッセージが表示されますので、以下の操作を行ないます。

(ア)[いいえ]をクリックします。

※「ソリマチ製品」には、お使いの製品名が表示されます。

 image042.jpg

 

(イ)「SQL Server の接続設定」画面が表示されますが、そのまま[OK]をクリックします。

image043.jpg 

 

(ウ)再度、(ア)の画面が表示されますが同じように[いいえ]をクリックし、「SQL Server の接続設定」画面を[OK]するという操作を合計3回行なっていただきます。

※通常と異なるインストール方法でSQLServerを入れたため、製品を接続させるのに何度か上記操作を行なう必要がございます。


(エ)4回目の「SQL Server の接続設定」画面で「パスワード(P)」欄が入力できるようになるため、手順12で設定したパスワードを入力し、[OK]ボタンをクリックします。

image044.gif 

 

18.製品のデータベース作成方法画面が表示されることを確認します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています