ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.残業金額が手計算と違う場合の対処方法

対象製品
給料王18以降

 

お客様が計算した普通残業の金額と「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」画面に計算されてくる金額が違っている場合は、以下の内容をご確認ください。

 

<事前準備>

 

1.「設定」→「社員情報設定(個別入力)」を開きます。

2.該当社員をダブルクリックします。

3.「手当/控除」タブを選択し、【残業計算】が率計算・金額計算どちらに設定しているか確認します。

image001.jpg

 

※金額計算の場合は、下の各欄の1時間あたりの金額(割増率をかけた金額)を確認します。金額が違う場合は修正を行い、[設定]ボタンをクリックします。

※率計算の場合は、以下の操作手順を行ってください。

 

<操作手順>

1.「設定」→「項目設定」を開きます。

2.「支給」タブを選択し、残業計算に含まれる手当を確認します。

image002.gif

 

○×を変更する場合は、変更したい項目をダブルクリックします。

※「課税(非税)食事代」・「課税(非税)宿直」以外で属性が「システム」となっている項目につきましては、変更ができません。

「項目設定修正」画面が表示されますので、【基準内<残業手当>】のチェックマークの有無を設定してください。

image003.gif

 

3.「支給」タブの中にある【普通残業】項目をダブルクリックします。

割増率が正しく設定してあることをご確認ください。

image004.gif

 

4.残業計算の元となる「就業時間」や「就業日数」は、「設定」→「給与規定」の画面に登録されている数値になります。

image005.gif 

 

5.「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開きます。

『給料王』では、残業時間は「60進法」で入力します。 1時間30分の場合は「1:30」と入力します。

2時間45分の場合は「2:45」と入力します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています