ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「カレンダー設定」で休日等を設定する方法

対象製品
給料王18以降

 

就業グループ別に、勤務日や休日などのカレンダーを設定します。このカレンダーは「タイムカード入力」で使用されます。

 

<事前準備>

 

※新規作成時、次年度更新時にはあらかじめ1年間のカレンダーを設定して下さい。

 

1.カレンダーデータが正しく作成されていないと、「タイムカードデータ取り込み」や「タイムカード入力」が正しく行えません。

 

2.祝祭日などはあらかじめ設定されておりませんので、自社の規則に合わせて任意に設定してください。

 

3.本システムでは、カレンダーデータを1年分ずつ作成します。次年度のカレンダーデータを作成するには次年度に更新してから処理を行って下さい。

 

4.次年度更新をするには、以下の方法があります。

 

(ア)カレンダー設定画面で、その年の12月で[次月]ボタンをクリックします。

 

(イ)処理年月の▼をクリックし、「平成●●年へ」を選択してください。

 

※次年度更新を行うと、現在選択している就業グループだけではなく、全ての就業グループが次年度に更新され、就業基準(特定日付)の内容が引き継がれます。日単位で行った就業基準の設定は引き継がれません。

 

5.本システムでは、「タイムカードデータ取り込み」でその月のデータを取り込む際や、「タイムカード入力」ではじめてその月を開く際は、「カレンダー設定」の条件をもとに就業基準(勤務日、休日など)が設定されます。

 

しかし、「タイムカードデータ取り込み」を行った後や、「タイムカード入力」で勤怠内容を入力済の月は、「カレンダー設定」でカレンダーの変更をしても就業基準は自動的には反映されません。

 

このため、導入時や次年度更新後には1年間のカレンダーを正確に設定しておくことをお勧めします。

 

また、念のため「タイムカードデータ取り込み」を行う前や、「タイムカード入力」の画面を開く前、次月に更新する際には、必ず「カレンダー設定」でその月のカレンダーをご確認ください。

 

<操作手順>

 

1.【労務管理」タブ→「就業」→「カレンダー設定」を開きます。

 

2.カレンダー設定を行いたい就業グループを選択します。

 

3.設定したい処理年月を指定します。

 

4.曜日ごとに就業基準が決まっている場合や、祝祭日や日付が決まっている特別な日を設定する場合は[基準設定]ボタンをクリックします。

 

5.曜日ごとの設定は「就業基準(毎週)」で各曜日のドロップダウンリストから選択します。

 

6.祝祭日や日付が既に決まっている特別な日(会社創立記念日等)は、【就業基準(特定日付)】で[追加]ボタンをクリックし、内容を入力します。

 

7.「カレンダー設定 基準設定」において、修正・追加が完了しましたら、[設定]ボタンをクリックします。

 

次の画面が表示されますので[はい]ボタンをクリックします。

 

8.また、日付ごとに「基準」を設定したい場合は、基準欄のドロップダウンリストから就業基準を選択します。

 

9.「メモ1」欄と「メモ2」欄をクリックしますと文字が入力できます。(全角10文字まで可能)

 

10.就業グループが複数ある場合は、それぞれ就業グループごとにカレンダーの設定を行います。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています