ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.住民税の入力方法

対象製品
給料王18以降

 

年末調整や確定申告書を提出し、各市町村より今年度の住民税額についての案内が届きます。

案内に表示されている金額を今年度の6月分より控除する住民税額の設定方法は、以下の操作を行って下さい。

 

<事前準備>

 

1.「設定」→「社員情報設定(個別入力)」を開きます。

 

2.画面左上の修正ページの▼をクリックし、「住民税/住所」を選択します。

 

3.該当社員をクリックし、画面上の[修正]ボタンをクリックします。

 

4.「住民税/住所」タブの「住民税」の「納付先 都道府県」「市町村」を確認します。

こちらが、「未設定」の場合は、「住民税額」の入力もマスクがかかります。

(ア)「納付先 都道府県」を▼より選択します。(例:東京都)

(イ)「市町村」の▼をクリックし市町村を選択します。

こちらに該当の市町村が表示されない場合は、手順(ウ)を参考に<新規追加>をクリックして登録します。

(ウ)「市町村設定新規」画面が表示されますので、「市町村コード」「市町村名」を入力し、[設定]ボタンをクリックします。

 

5.「住民税額」欄が入力できるようになります。

 

 

 

<操作手順>

 

【6月分】と【7月以降】欄に、それぞれの住民税額を入力します。

※「住民税額」の【6月分】は、給与処理月:6月給与の「住民税」に反映されます。

【7月以降】は、給与処理月:7月給与~翌年5月給与の「住民税」に反映されます。

また、6月分住民税を徴収する際の給与処理月の違いによって、「住民税額」を設定する箇所が変わってきます。

以下に3つのケースをご案内いたします。

 

 

A.給与処理月6月給与で6月分の住民税を控除する場合

 

例:6月給与で、6月25日支給分を計算する際に、『6月分住民税:80,000円』を控除。

給与処理月:7月給与以降で、『7月以降分住民税:70,000円』を控除する場合。

 

1.給与処理月を「6月給与」にします。

 

2.「設定」→「社員情報設定(個別入力)」を開きます。

 

3.該当社員の「住民税/住所」タブ画面を開き、「住民税額」の【6月分】に『6月分住民税:80,000円』を入力します。

【7月以降】欄には、『7月以降分住民税:70,000円』を入力します。

 

 

4.金額を入力しましたら、[設定]ボタンをクリックします。

 

5.「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開きます。

 

6.該当社員の名前をクリックし、『住民税』欄に3番で設定した『6月分住民税:80,000円』が反映されていることをご確認下さい。

※また、「給与処理月:7月給与~翌年5月給与」では、『7月以降分住民税:70,000円』が反映されます。

 

 

B.給与処理月5月給与で6月分の住民税を控除する場合

 

例:5月給与で、6月10日支給分を計算する際に、『6月分住民税:80,000円』を控除。

給与処理月:6月給与以降で、『7月以降分住民税:70,000円』を控除する場合。

 

1.給与処理月を「5月給与」にします。

 

2.「設定」→「社員情報設定(個別入力)」を開きます。

 

3.該当社員の「住民税/住所」タブ画面を開き、「住民税額」の【6月分】と【7月以降】の両方に、『7月以降分住民税:70,000円』を入力します。

 

4.「住民税額」欄にある『月別に税額を指定する』にチェックマークを入れます。

 

5.「住民税額」が12ヶ月表示されますので、全ての月に『7月以降分住民税:70,000円』が設定されていることを確認します。

 

 

6.【5月】欄の金額を『6月分住民税:80,000円』に変更します。

 

7.【5月】欄に『80,000円』と入力しましたら、[設定]ボタンをクリックします。

 

8.「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開きます。

 

9.該当社員の名前をクリックし、「住民税額」に5番で設定した『6月分住民税:80,000円』が反映されていることをご確認下さい。

※また、「給与処理月:6月給与~翌年4月給与」では、『7月以降分住民税:70,000円』が反映されます。

 

 

C.給与処理月7月給与で6月分の住民税を控除する場合

 

例:7月給与で、7月10日支給分を計算する際に、『6月分住民税:80,000円』を控除。

給与処理月:8月給与以降で、『7月以降分住民税:70,000円』を控除する場合。

 

1.給与処理月を「7月給与」にします。

 

2.「設定」→「社員情報設定(個別入力)」を開きます。

 

3.該当社員の「住民税/住所」タブ画面を開き、「住民税額」の【6月分】と【7月以降】の両方に、

『7月以降分住民税:70,000円』を入力します。

 

4.「住民税額」欄にある『月別に税額を指定する』にチェックマークを入れます。

 

5.「住民税額」が12ヶ月表示されますので、全ての月に『7月以降分住民税:70,000円』が設定されていることを確認します。

 

6.【7月】欄の金額を『6月分住民税:80,000円』に変更します。

 

7.【7月】欄に『80,000円』と入力しましたら、[設定]ボタンをクリックします。

 

8.「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開きます。

 

9.該当社員の名前をクリックし、『住民税』に6番にて設定して頂いた『6月分住民税:80,000円』が反映されていることをご確認下さい。

※また、「給与処理月:8月給与~翌年6月給与」では、『7月以降分住民税:70,000円』が反映されます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています