ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.初回起動時に「SQLServerの接続設定」画面が表示される場合の対処方法(WindowsXP限定)

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

 

 

弊社製品を新規にインストールする際は「SQLServer2008R2」がインストールされるようになりました。

以下の条件を満たしていないときに、「前提条件」の画面が表示されます。

 

 

 

A.OSのビットバージョンとサービスパックの確認します

Windowsのビットバージョンとサービスパックのインストール状況をご確認ください。64bitバージョンの場合は、製品の動作対象外となるため、こちらの対処方法はご利用になれません。

 

1.パソコンを起動して、「マイコンピュータ」を右クリック→「プロパティ」よりbit(32bit/64bit)のバージョンとService Packを確認します。

例1)XP SP3 32bitバージョンの場合(32bit等の表示はございません

 

 

例2)XP SP1 64bitバージョンの場合(弊社製品はご利用になれません)

 

(ア)32bitバージョンで、サービスパック3だった場合は、手順Bへお進みください。

 

(イ)32bitバージョンで、サービスパック3以外の場合は、Windows Updateからサービスパック3をインストールしてください。※詳しい操作方法につきましては、パソコンメーカー様へお問い合わせください。

 

(ウ)64bitバージョンだった場合は、弊社製品は動作保証外となります。恐れ入りますが、対応OSのパソコンでご利用ください。

 

 

B.「前提条件」画面で「いいえ」を選択した場合

1.[いいえ]ボタンをクリックした場合は、「Windows installer 4.5」のファイルが表示されます。

 

 

2.こちらのファイルをダブルクリックします。

 

3.「windowsXP ホットフィックス(KB942288-v3)」画面が表示されますので、[次へ]ボタンをクリックします。

 

 

4.「同意します」をクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。

 

 

5.インストール途中、以下のメッセージが表示された場合は、内容をご確認の上[続行]ボタンをクリックします。

 

 

6.インストールが完了しましたら、[完了]ボタンをクリックします。

 

 

7.[今すぐ再起動しない]にチェックマークが入っていない状態で[完了]ボタンをクリックすると、パソコンが自動的に再起動されます。

 

8.パソコンの再起動後、「Windows installer」のバージョンを確認します。

 

9.「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を選択します。

 

10.「msiexec」と入力し[OK]ボタンをクリックします。

 

 

11.「Windows インストーラ」画面が表示されます。ここのバージョンが、「V4.5.・・・」と4.5以上になりましたら、再度、製品をインストールしてください。

 

 

 

C.要件チェック画面の[はい]ボタンをクリックして、本製品のみインストールした場合

本製品を起動すると「SQL Serverの接続先設定」画面が表示される場合がございます。

 

 

一度以下の操作を行っていただき、現象が改善されるかご確認ください。

1.Windows installerのバージョンを確認します。

 

(ア)画面左下の「スタート」→「ファイル名を指定して実行」を選択します。

 

(イ)名前のところに「msiexec」と入力し[OK]ボタンをクリックします。

 

 

(ウ)「インストーラV4.5.6001・・・」と、4.5以上になっているかご確認ください。

 

 

(エ)こちらが「4.5」未満の場合は、以下の操作を行ってください。

こちらが「4.5」以上の場合は、手順Dの操作を行ってください。

 

2.製品のCD-ROMを挿入します。

 

3.「マイコンピュータ」からCDドライブを右クリックして「開く」を選択し、「Maintenance」→「Windows installer」→「45」→「XP」→「x86」フォルダを開きます。

 

4.フォルダの中に入っているファイルをダブルクリックし、手順B-3の操作を行い、windows installerのバージョンを上げてください。

 

 

 

D.「Microsoft SQL Server 2008 R2」をインストールします

1.パソコンの再起動後、製品のCD-ROMをパソコンにセットします。

 

2.「インストールの準備をしています。」という画面が表示されましたら[キャンセル]ボタンをクリックします。

 

3.「マイコンピュータ」からCDドライブを右クリックして「開く」を選択し、「Maintenance」-「Rescue」を開き、「Rescue.exe」を実行します(環境によっては「.exe」が表示されない場合があります)。

 

4.以下の画面が表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

 

 

5.「インスタンス名」を『SORIMACHI2008』(※半角)と入力して、[インストール]ボタンをクリックします。

 

 

6.インストールにはお時間がかかります。しばらくお待ちください。

 

7.インストール完了後、パソコンを再起動します。

 

8.製品の起動をご確認ください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています