ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「Windows XP SP3以降または、Windows Vista SP2以降がインストールされていません。」と表示される場合の対処法

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

顧客王18以降

 

 

Windowsの互換性の問題で、SQLSerevr2008R2のインストールに失敗しています。 [いいえ]ボタンをクリックして、一旦インストールを中断し、以下の操作を行なってください。

※[はい]ボタンをクリックすると、本システムのみインストールされ、SQLServerがインストールされません。

 

A.Setup.exeに互換換性が設定されていないか確認します

 

1.製品のCDをパソコンにセットしなおします。

(ア)Windows10/8.1の場合

画面右上にメッセージが表示されますので、クリックし(図:a)、「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします(図:b)。

 

図:a

image002.jpg

図:b

image003.jpg

(イ)Windows7の場合

「自動再生」画面が表示されますので「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

image004.jpg

※「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]ボタンをクリックします。

※上記画面が表示されない場合は以下の操作を行い、CDの内容を表示させます。

 

(ア)キーボードより[Windows]キーimage003.gifを押しながら[E]キーを押します。

 

(イ)「エクスプローラー」画面が表示されます。画面左側で「コンピューター」(または「PC」)をクリックし、画面右側のCDドライブ(または「DVDドライブ」や「B-RDドライブなど」)を右クリックして「開く」をクリックします。

 image004.jpg

 

2.「Setup.exe」を右クリックし、「プロパティ」を開きます。

 

3.互換性のタブをクリックし「互換モード」→「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックが入っていたら、クリックしてチェックを外します。

 

その他2箇所についてもご確認ください。

(ア)手順3の画面下の「すべてのユーザーの設定を変更」をクリックし、こちらの「互換モードでこのプログラムを実行する」のチェックもはずします。

 

(イ)「スタート」から「コンピュータ」を開き、CDドライブの上で右クリック→「開く」をクリックし、「Setup」フォルダーを開きます。 こちらのフォルダーにも「Setup.exe」がありますので、手順3~4の操作を行ないます。

 

4.製品のインストールができるかご確認ください。

 

※現象が改善されなかった場合は以下の手順Bをお試しください。

 

 

B.IDriver.exeに互換性が設定されていないか確認します

 

1.キーボードの「Windowsキー」+「E キー」を押下し「エクスプローラー」を開きます。

 

2.エクスプローラー画面が表示されますので、以下のフォルダーを開きます。

 

システムの種類:32Bit版の場合

「Cドライブ」→「Program Files」→「Common Files」→「InstallShield」→「Driver」→「7」→「Intel32」の順にフォルダーを開きます。

 

システムの種類:64Bit版の場合

「Cドライブ」→「Program Files(x86)」→「Common Files」→「InstallShield」→「Driver」→「7」→「Intel32」の順にフォルダーを開きます。

mceclip0.jpg

 

3.「Intel32」フォルダー内の「IDriver.exe」を右クリックし、「プロパティ」をクリックします。

image010.jpg

 

4.「IDriver.exeのプロパティ」画面が表示されますので、画面上部の「互換性」タブをクリックします。

image011.jpg

 

5.「互換モード」枠内の「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックがついている場合はチェックをはずし、[OK]ボタンをクリックします。

image012.jpg

 

※「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックがついていて、かつ、チェックがはずせない場合は、画面下の「すべてのユーザーの設定を変更」をクリックします。

表示された画面で「互換モードでこのプログラムを実行する」のチェックをはずし、[OK]ボタンをクリックします。

image013.gif

 

※「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックがついていない場合は、以下の手順Bをお試しください。

6.「Intel32」フォルダー内の表示(2の画面)に戻りますので、画面右上の[×]を選択し終了します。

 

7.製品のCD-ROMをセットしなおし、製品のインストールをお試しください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています