ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.仕入入力画面について

対象製品
販売王18販売・仕入・在庫以降

 

 

仕入伝票を登録します。

 

<操作方法>

必須項目は、「伝票日付(B)」、「伝票区分(K)」、「伝票番号(P)」、「仕入先(S)」、「支払先(C)」、「支払締切予定日(E)」、「明細行」です。その他の項目は用途に合わせてご利用ください。

 

1.ヘッダー部

(ア)伝票日付:仕入れた日付を入力します。

(イ)伝票区分:仕入処理の種類を選択します。登録したあとは変更できません。

・現金仕入・・・仕入と同時に支払う取引のとき。

・掛仕入・・・・買掛金が発生する取引のとき。

(ウ)付箋1~2:特定の伝票だけで集計やテキスト出力等を行いたい場合、決まった色の付箋をつけて絞り込みを行います。クリックしていくと、色が「赤→青→黄→灰色(付箋なし)…」と順番に変わります。

(エ)伝票番号:取引を区別するため、通常は伝票1枚ごとに違う番号をつけます。複数の伝票で同じ番号を使用したい場合は、「自社情報設定」の「コード設定」で重複を許可する設定を行います。

(オ)自社担当者:担当者番号を入力するか、参照画面から担当者を選択します。

(カ)仕入先:仕入先コードを入力すると自動的に仕入先名が表示されます。参照画面から選択することも可能です。

伝票を登録するとコード欄がマスクされ変更が出来なくなります。伝票を登録後に仕入先コードを変更したい場合は、以下の方法をご参照ください。

○伝票登録後のコード変更について

a:キーボードの「Shift」キーを押したまま、画面上の[コード変更]ボタンをクリックし、「仕入先/支払先」をクリックします。

 

b:「仕入先/支払先変更」画面が表示されますので、仕入先の「新コード」に新しい仕入先を指定して、[開始]ボタンをクリックします。

※支払先を変更する場合は支払先の「新コード」を変更します。

(キ)支払先:仕入先と支払先が異なるときに、支払先コードを変更します。参照画面から選択することも可能です。

伝票を登録後に支払先コードを変更したい場合は、「(カ)仕入先」にある『○伝票登録後のコード変更について』をご参照ください。

(ク)摘要:摘要を入力します。帳票に摘要欄がある場合、印刷が可能です。「導入」-「摘要登録」から選択項目の追加ができます。

(ケ)税込税計算の特例対応:「総額表示端数処理特例」に対応する場合は、チェックを入れます。

「導入」-「自社情報設定」の「総額表示端数処理特例の設定」で『仕入時に「税込税計算の特例対応」を使用する』にチェックを入れている必要があります。

(コ)発注番号:発注番号を入力すると、発注伝票の内容を転記できます。「仕入業務」-「発注入力」で発注伝票が入力されている必要があります。

(サ)赤伝:登録済みの仕入伝票を赤伝で相殺して取り消すときにチェックを入れます。

(シ)直送:商品を自社の在庫に入れず、仕入先から発送先へ直送するときにチェックを入れます。入庫を伴わない仕入となります。そのため、直送で仕入伝票を入力した場合は、忘れずに発送先への売上伝票を入力してください。

「自社情報設定」-「在庫管理」-「直送初期値選択」-「①直送しない」以外を選択している必要があります。

(ス)支払締切先送り:締日支払仕入先の場合、支払を先送りしたい月数(上限は6)を入力できます。入力すると、「支払締切予定日」と「支払期限」も変更されます。

仕入先(または支払先)の仕入先締めグループの番号が32以上の場合、支払締切を先送りするには「支払締切予定日」の日付を手動で変更します。

(セ)支払締切予定日:「仕入業務」-「支払締切」では、この日付を基準にして伝票を集計します。

随時支払仕入先の場合、「伝票日付」と同じ日付が表示され、手動で変更することもできます。

締日支払仕入先の場合、「伝票日付」と仕入先の締日の設定によって、同月または翌月の締日が表示されます。ただし、仕入先(または支払先)の仕入先締めグループの番号が32以上の場合、「伝票日付」と同じ日付が表示されます。「支払締切予定日」の日付を手動で入力してください。

(ソ)支払期限:「仕入先登録」の「支払期限区分」の設定に従って支払期限が表示されます。

(タ)税率区分:入力中の仕入伝票の税率を入力します。

 

2.明細部

(ア)区分:明細1行分の目的を選択します(区分を追加することはできません)。

・仕入・・・商品の仕入を入力するとき。

・返品・・・仕入れた商品を返品したとき。

・商品値引・・・1行上の「仕入」に対する値引額を明示的に管理するとき。「金額」には値引額を入力します。1行上の「仕入」の「金額」には値引く前の金額を入力します。税区分を1行上の「仕入」と揃える必要があります。

・合計値引・・・商品を特定しない値引きを入力するとき。

商品ごとの値引き按分ができないため、「仕入日計総括表」の簡易課税事業種別ごとの金額の集計が適切に表示されなくなります。

また、「仕入集計表」を「商品別」に集計する場合、この区分の金額は集計されません。

・その他・・・上記以外のとき。

・メモ・・・伝票に記入したい補足事項があるとき。金額は入力できません。

・調整消費税・・・自動計算する消費税以外の消費税調整を目的とするとき。消費税に対応する仕入が不明確となるため、通常は使用しません。

(イ)倉庫:商品の入庫先を選択します。「区分」で「返品」を選択したときは、出庫元を選択します。

「自社情報設定」-「その他」-「倉庫管理選択」-「①倉庫管理しない」以外を選択している必要があります。

(ウ)商品コード:「区分」が「仕入」、「返品」のときは商品を選択します。それ以外のときは、摘要コードを入力するか、参照ウィンドウから選択します(摘要登録の内容を利用しない場合は、「商品名」欄に直接摘要を入力します)。

(エ)商品名:「商品コード」に対応する商品名が表示されます。「商品登録」の名称が初期値となりますが、伝票上で自由に変更できます(全角20文字まで)。

(オ)税区分:課税区分を選択します。初期値は「商品登録」で商品毎に設定した仕入時の「主な課税区分」が反映されます。「区分」が「仕入」、「返品」、「商品値引」、「合計値引」、「その他」のときは、必要に応じて変更できます。

(カ)規格・型番:「商品登録」の設定によって表示されます。伝票上で手入力することもできます(明細行の表示方法が「2段簡易表示」になっている場合は表示されません)。

(キ)カラー:「商品登録」の設定によって表示されます。伝票上で手入力することもできます(明細行の表示方法が「2段簡易表示」になっている場合は表示されません)。

(ク)サイズ:「商品登録」の設定によって表示されます。伝票上で手入力することもできます(明細行の表示方法が「2段簡易表示」になっている場合は表示されません)。

(ケ)入数:「商品登録」の設定によって表示されます。

(コ)箱数:「入数」が表示される商品の場合に箱数を入力します(「入数」を用いる場合、「数量」ではなく「箱数」に数量を入力します)。

(サ)数量:数量を入力します。

(シ)発注残数:発注伝票から転記してきたときに発注残数を自動表示します(手入力で変更することはできません)。

(ス)単位:「商品登録」の設定によって初期表示されます。必要に応じて変更できます。

(セ)単価:「商品登録」、「仕入先登録」、「仕入先別商品単価表」の設定によって表示されます。必要に応じて変更できます。

(ソ)金額:数量×単価が表示されます。手入力で変更することもできます。1行下の「区分」が「商品値引」のときは、値引く前の金額を入力します。

(タ)消費税:税計算タイミングが「明細ごと」の場合や税区分が「税込」の場合に、明細行ごとの消費税額が自動表示されます。「税込」の場合は内消費税額がカッコ書きで表示されます。

「調整消費税」の場合のみ、手入力することができます。

(チ)備考:あらかじめ、決められた語句を入力する場合は「導入」-「摘要登録」にて登録しておき、参照ウィンドウから選択できます。直接手入力することもできます。

 

3.必要な項目を入力されましたら、内容に誤りが無い事を確認して画面上部の[登録]ボタンをクリックします。これで、伝票入力の完了です。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています