ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.受託販売について

対象製品
販売王18販売・仕入・在庫以降

 

 

受託販売とは?

仕入先所有の商品を自社で預かって販売する方法です。

受託販売の場合、在庫の保管場所は自社になりますが、実際の所有者は仕入先になります。

受託販売の特徴として、仕入先が自社へ納品した時点では、在庫上の移動になるだけで仕入にはなりません。そのため、販売王上での伝票入力は以下の流れになります。

 

 

※以下の設定を行うためには、ダイレクトメニューの「導入」-「自社情報設定」を開いて[次へ]ボタンを2回クリックして進み、「仕入管理」-「受託販売選択」にて『②受託商品を扱う』を選択している必要があります。

A.受託先の登録方法

1.ダイレクトメニューの「台帳」-「仕入先登録」を開きます。

 

2.「基本1」タブ内の『□受託販売契約あり』にチェックを入れ、その他必要事項を入力して仕入先を登録します。

 

 

 

B.受託商品の登録方法

1.ダイレクトメニューの「台帳」-「商品登録」を開きます。

 

2.「在庫」タブ内の『□受託商品』にチェックを入れ、その他必要事項を入力して商品を登録します。

※注意

商品登録画面で受託商品として登録されている場合、通常の仕入伝票を作成しても在庫数は変動しませんのでご注意ください。

 

 

C.受託先から商品が納品された場合

1.ダイレクトメニューの「在庫業務」-「在庫振替入力」を開きます。

 

2.「伝票区分」を『受託』に設定して受託伝票を作成します。

※受託伝票を作成する場合の明細行区分は『受託受入』を選択します。

※受託伝票を登録した段階で、自社内在庫が増加し、受託在庫も増加します。

 

 

 

D.受託商品が売れた場合

以下の2点の処理を行ないます。

・仕入入力画面で通常の仕入伝票を作成します。

・売上入力画面で通常の売上伝票を作成します。

 

※仕入伝票を登録した段階では、自社内在庫の変動はありません。

売上伝票を登録した段階で、自社内在庫が減少し、受託在庫も減少します。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています