ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.請求締切での締め処理の方法

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

 

 

下記の手順となります。

 

<操作方法>

1.ダイレクトメニューの「販売業務」-「請求締切」を開きます。「請求締切 条件指定」画面が表示されますので、条件を設定します。

※「請求締めグループ(L)」は、ダイレクトメニューの「台帳」-「得意先登録」で得意先ごとに登録してある締めグループを指定します。

※「請求日(D)」は、「請求締めグループ(L)」で番号が32以上のグループを選択したときに、請求日を入力します。番号が1~31のグループを選択した場合は自動的に入力されますが、念のためご確認ください。

※「請求予定日(B)」は、「請求締めグループ(L)」で『0 随時請求』を選択したときに、任意の締め期間を指定します。

 

2.請求先を指定したい場合は請求先のタブをクリックし、「請求先(T)~(O)」欄に請求先コードを指定して[開始(F12)]ボタンをクリックします。

 

 

3.請求処理の部分が「未」となっている場合は締め処理がされていないことになります。

請求処理の部分が「済」となっている場合は締め処理が終了しています。

チェックマークがついている請求先に対して処理を行ないますので、締め処理を行なう請求先にチェックマークがついているかどうかをご確認ください。

問題がなければ[締め開始(F9)]ボタンをクリックします。

 

 

4.下記の画面が表示されます。印刷様式等を指定後、[開始(F12)]ボタンをクリックします。

締め処理と同時に請求書の印刷が開始されます。

「□締め日処理だけ行い、印刷しない(E)」にチェックを入れた場合は、印刷は行わず締め処理のみを行ないます(□をクリックするとチェックマークが入ります)。

 

5.「請求」欄が『未』から『済』に変わります。

 

 

※プレビューから請求書を印刷した場合は、締め処理がされないため以下の画面が表示されます。

締め処理が必要な場合は[はい(Y)]をクリックして、締め処理をおこなってください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています