ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

MA1のマイナーアップデートの適用方法について

 

2023年7月6日(木)より「MA1商工会エディション」のマイナーアップデートプログラムの提供がインターネット経由で開始されます。

 

マイナーアップデートプログラム提供以降、アップデート作業を行っていただくことで、以降記載の機能アップ内容をご利用いただけます。
インストール後は今までの設定などはそのまま引き継がれますので、再設定の作業はなく引き続きご利用いただけます。

 

1.「MA1」の起動時に下記のいずれかのメッセージが表示されます。表示内容に対し[はい]または[OK]をクリックします。
image001.jpg

image025.jpg

 

 

2.以降、画面の指示に沿って、インストールしてください。
(インストールは通常数分程度で完了します)。

 

注意

「MA1」の起動後は下のメッセージが表示される場合があります。
[OK]をクリックするとデータの更新が行われます(データの更新には少し時間がかかります。処理を中断せず、そのままMA1が起動するまでお待ちください)。

image003.gif

 

 

※MA1起動時にアップデート画面が表示されない場合の対処方法

 

1.MA1起動後、メニューバーの「ヘルプ(H)」→「オンラインアップデート(U)」をクリックします。

 

image004.gif

 

 

2.[今すぐアップデートチェックを行う]をクリックします。

image005.gif


※以降、画面の指示に沿って、インストールしてください(インストールは通常数分程度で完了します)。

 

 


MA1の主な機能アップ内容

 

本アップデートを行うことで新たに追加された機能をご利用いただけます。

 

 

インボイス制度開始に伴い、期中で「課税事業者」となる場合の設定ができるようになりました
image006.jpg

2023(令和5)年10月1日から開始するインボイス制度に伴い、期中で「課税事業者」となる場合の設定ができるようになりました。

 

これにより、期中に「免税事業者」から「課税事業者」になる事業所データにおいては、「導入」→「事業所・消費税情報設定」画面で「消費税の計算対象となる開始日」を設定することで、課税期間中の仕訳のみを集計して消費税集計機能をご利用いただくことができます。

 

image007.gif

 

本サービスパックを適用することで、「導入」→「事業所・消費税情報設定」において新たに[消費税計算対象期間設定]ボタンが追加されます。
期中において「免税事業者」から「課税事業者」となった場合、新たに追加された[消費税計算対象期間設定]より「課税事業者となった日」を設定することで、正しい集計期間で消費税集計機能(「消費税集計一覧表」「消費税集計表」)をご利用いただくことができます。

※インボイス制度に対応する「消費税申告書」については、今後の機能アップにて対応予定です。

 


<操作手順>

 

1.「導入」→「事業所・消費税情報設定」より「消費税情報」タブをクリックします。

 


2.「消費税申告」より該当する消費税申告方法(簡易課税もしくは原則課税)を選択後、[消費税計算対象期間設定]をクリックします。

image008.gif

 


3.消費税計算対象となる開始日を設定し、画面下の[設定]をクリックします。

 

【例】2023年10月1日より消費税の課税事業者となる場合

image009.gif

 

※期中で消費税の「免税事業者」から「課税事業者」となった場合、経理処理については「税込経理」を選択してください。

image010.jpg

 


4.「事業所・消費税情報設定」画面は画面右下の[設定]をクリックし、設定内容を保存します。

この設定により、手順3.で設定した「消費税の計算対象となる開始日(例では2023年10月1日)」以降の取引日付で入力された仕訳金額を、「消費税集計一覧表」「消費税集計表」に集計することができるようになります。

 

※インボイス制度に対応する「消費税申告書」については、今後の機能アップにて対応予定です。

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています