ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.税計算タイミングに「締め時一括」以外が設定されています(メッセージID:1090)が表示される場合について

対象製品
販売王22以降
販売王22販売・仕入・在庫以降

 

 

上記のメッセージは、「販売業務」→「請求締切」画面にて、「適格請求書等保存方式で印刷する」にチェックを入れて、締め日ごとの請求書を印刷する際に、「税計算タイミング」が『明細ごと』や『伝票ごと』に設定されている得意先が含まれている場合に表示されます。

 

                                   

 


「得意先登録」画面の消費税の「税計算タイミング」が『明細ごと』、『伝票ごと』に

設定されている得意先が含まれています。

 

 

上記のメッセージは、[OK]ボタンをクリックして、締め日ごとの請求書を印刷していただくことは可能ですが、下記の点についてご確認ください。

 

伝票単位での納品書や請求書をインボイスとして発行する場合は、「請求締切」からの請求書印刷時はインボイスとして発行できませんので「適格請求書等保存方式で印刷する」のチェックを外して印刷を行ってください。

 

▽ 得意先の「税計算タイミング」が『明細ごと』に設定されている場合

インボイス制度では、「税率ごとに合計した対価の額に税率を乗じて消費税額を算出」と端数処理の決まりが定められたため、税率ごとの合計額に対して端数処理は1回だけとなります。

2023年10月1日までに、伝票単位の納品書や請求書をインボイスとする場合は「伝票ごと」、締め日ごとに発行する請求書をインボイスとする場合は「締め時一括」の税計算タイミングに変更する必要がありますので、ご確認ください。

 

▽ 得意先の「税計算タイミング」が『伝票ごと』に設定されている場合

伝票単位で発行する納品書や請求書をインボイスとする場合は、得意先の「税計算タイミング」を『伝票ごと』に設定し、「売上入力」や「納品請求処理」画面から納品書や請求書を印刷します。

この場合は、「請求締切」画面から締め日ごとの請求書を印刷する際に、上記メッセージが表示されますが、[OK]ボタンをクリックし、そのまま印刷することが可能です。

また、「締め処理」画面の「適格請求書等保存方式で印刷する」のチェックを外して、印刷した場合は、上記メッセージは表示されなくなります。

 

なお、税計算タイミングの変更は、得意先の請求締切後、売上伝票が1件も登録されていない状態(該当の得意先に未請求の売上伝票が1件もない状態)であれば、「税計算タイミング」の変更が可能です。

税計算タイミングの変更が必要な場合は、こちらをご参照ください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
22人中19人がこの記事が役に立ったと言っています