ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.社会保険料率・雇用保険料率変更について多くいただくお問合せ

対象製品
給料王22以降

 

給料王では、社会保険料率や労働保険料率(雇用保険/労災保険)が改定になった場合は、

手動での修正となります。

「社会保険・雇用保険料率変更」や、「給与計算・賞与計算」など、給与計算に関わる大切なご案内については、以下の3つの方法よりご確認が可能となります。

該当するところをクリックすると、説明が表示されます。

 

 

※令和5年3月分 各種保険料率改定のご案内につきましては2月下旬に配信いたしました。

 

※令和5年4月1日から雇用保険料率の改定のご案内につきましては3月下旬に配信いたしました。

 

●「給料王」を起動した際の「重要なお知らせ」

 

※コンピュータの管理者権限のあるユーザーで起動すると表示されます。image001.jpg

 

また、「給料王」を起動後の画面右上の「ダイレクトメニュー」の「メガホンマーク」をクリックすると、「重要なお知らせ」画面が表示されます。

 

image002.gif

 

 

 

●ソリマチホームページや、給料王を起動した際の「ニュースリリース」

 

 

※「給料王」を起動する際に「ダイレクトメニュー」を表示されている場合は、表示されます。 「ファイル」→「ダイレクトメニュー表示・消去」より表示を行いご確認ください。

image003.jpg

 

 

●保険料率改定についてのメールマガジン

 

メールマガジンのタイトルは、以下になります。

社会保険料率:【重要なお知らせ】令和X年度 各種保険料率改定のご案内

雇用保険料率:【重要なお知らせ】令和X年度 雇用保険料率改定のご案内

「メールマガジン」の受信設定につきましては、弊社ホームページよりご確認いただけます。

<操作手順>
1.以下のURLをクリックします。
https://member.sorimachi.co.jp/reg/regist_certify.php

2.「製品シリアルナンバー」、「電話番号」、「お客様コード」をご入力後、[次へ]ボタンをクリックします。
image004.jpg

 

3.ログインされた画面の一番下の「メールマガジン」欄をご確認いただき、
「メールマガジンを受け取らない」となっている場合で、今後「メールマガジン」を受け取られる場合は、[登録情報の変更]ボタンをクリックします。
image005.jpg

 

4.「メールマガジンをすべて受け取る」、「重要なメールマガジンだけ受け取る」のどちらかをご選択いただき、[変更内容を保存]ボタンをクリックします。

image006.jpg

 

5.こちらで次回以降の配信については「各種保険料率のご案内」がメールマガジンにて配信されるようになります。

 

 

 

上記3つのご案内から内容をご確認いただき、社会保険・雇用保険料率の変更をお願いいたします。

社会保険・雇用保険料率変更について多くいただいているお問合せをご案内いたします。

 

[健康保険・介護保険・厚生年金について]

 

Q1.保険料率を変更する時に注意することはありますか?

 

A1.給料王では保険料率は自動ではなく該当する月になりましたら手動での変更となります。

また、更新が必要な給与処理月の前に率を変更されると、現在処理中の給与月から新しい率に変更になりますので、必ず変更をされる給与処理月に更新してから、率の変更をしてください。
変更タイミングにつきましてはQ2をご覧下さい。

 

 

Q2.いつのタイミングで率を変更したらいいですか?

 

A2.保険料徴収方法は、「前月徴収」と「当月徴収」によって率を変更するタイミングが異なります。

保険料率が3月分保険料から変わる場合
3月分の保険料を「給与処理月:3月給与」から徴収する場合→「当月徴収」
3月分の保険料を「給与処理月:4月給与」から徴収する場合→「前月徴収」

となります。

【当月徴収】

mceclip1.png

【前月徴収】

mceclip2.png

 

「設定」→「給与規定」→「社会保険」タブにて設定されている徴収方法を確認することが

可能となります。

mceclip3.png

 

Q3.どの画面で率を変更したらいいですか?

 

A3.「設定」→「給与規定」→「社会保険」タブにて各種保険料率の変更をしてください。
※必ず率を変更する月に更新後操作を行ってください。詳しくは「保険料率の変更方法」をご覧下さい。

 

 

Q4.「前月徴収」の為、先に賞与を支給する場合は、保険料率はどうしたらいいですか?

 

A4.3月に賞与を支給する場合は、賞与の率だけを新しい率に変更する必要がございます。
「設定」→「給与規定」→「社会保険」タブの「賞与」欄のみ新しい率に変更してください。
(例:東京都の率の場合)
image007.jpg

 

給与処理月を「4月給与」へ更新後、「設定」→「給与規定」→「社会保険」タブの
「給与」欄の率の変更をしてください。

 

Q5.[設定]ボタンをクリックしたらエラーがでて閉じれません(メッセージID:-13155)

 

A5.健康保険の負担率のみ修正し基本保険と特定保険の修正を行っていないことが考えられます。

健康保険料率の設定時にエラーが出る]をご覧いただき、率の修正をお願いいたします。

 

Q6.「前月徴収」と「翌月徴収」の違いは何ですか?

 

A6.意味は同じになります。

「翌月徴収」は、保険料を基準としている為、3月分の保険料を4月給与(翌月)に徴収する場合は、「翌月徴収」という表現になります。

 

給料王では給与処理月が基準となる為、例えば、4月給与の時に3月分(前月)の保険料を徴収する

場合は、「前月徴収」となります。

両方とも徴収する給与処理月は同じになります。

 

 

 

[雇用保険・労災保険について]

 

Q7.保険料を変更する時に注意することはありますか?

 

A7.給料王では保険料率は自動ではなく該当する月になりましたら手動での変更となります。

また、更新が必要な給与処理月の前に率を変更された場合、現在処理中の給与月から新しい率に変更になりますので、必ず変更をされる給与処理月に更新してから、
率の変更をしてください。

 

 

 

Q8.どの画面で率を変更したらいいですか?

 

A8.「設定」→「給与規定」→「労働保険」タブにて雇用保険料率の変更をしてください。
※必ず率を変更する月に更新後操作を行ってください。詳しくは「保険料率の変更方法」をご覧下さい。

 

 

Q9.いつのタイミングで率を変更したらいいですか?

A9.雇用保険料率を変更するタイミングは、厚生労働省に提出する「労働保険概算・増加概算・確定保険料申告書」にて集計される4月1日から3月31日の期間を、給与処理月では何月給与~何月給与にて入力されるかによってタイミングが異なります。

image008.gif

例1:「算定期間」の4月~3月の集計の際に、4月が給与処理月でいう4月給与の場合

給与処理月が「4月給与」になりましたら、率の変更を行います。

 

例2:「算定期間」の4月~3月の集計の際に、4月が給与処理月でいう5月給与の場合

給与処理月が「5月給与」になりましたら、率の変更を行います。

 

例3:「算定期間」の4月~3月の集計の際に、4月が給与処理月でいう3月給与の場合

給与処理月が「3月給与」になりましたら、率の変更を行います。

 

給料王にて「労働保険料合計表」を集計されている場合は、以下の期間によってタイミングが異なります。

 

例1:「労働保険料合計表」の集計期間を「4月~3月」で集計をされている場合

給与処理月が「4月給与」になりましたら、率の変更を行います。

 

例2:「労働保険料合計表」の集計期間を「5月~4月」で集計をされている場合

給与処理月が「5月給与」になりましたら、率の変更を行います。

 

例3:「労働保険料合計表」の集計期間を「3月~2月」で集計をされている場合

給与処理月が「3月給与」になりましたら、率の変更を行います。

image008.jpg

 

変更のタイミングについてご不明な点ございましたら、労働基準監督署にご確認ください。

 

Q10.「一般」の率と、「建設」の率等1つの事業所に2つの事業がある場合は、どうしたらいいですか?

 

A10.誠に恐れ入りますが、給料王では1つの事業所について1つの率のみ設定が可能となります。
以下の2つの方法をご確認いただき、操作をお願いいたします。

 

1:部門で分けて社員毎にロックをかけて率を変更する方法 (ア)「設定」→「部門設定」をクリックします。
(イ)画面左上の[新規]ボタンをクリックして「一般事業所」と「建設」等それぞれ部門の作成を行います。
image009.jpg

 

(ウ)「部門設定」画面に部門を作成後、画面を終了します。
image010.jpg

 

(エ)「設定」→「社員情報設定(個別入力/一覧入力)」画面をクリックします。
(オ)該当社員をダブルクリックし、該当の部門を設定します。
image011.jpg

 

(カ)保険料率を変更する月に更新後、「設定」→「給与規定」→「労働保険」タブをクリックします。
(キ)率を変更後、[設定]ボタンをクリックします。
(例:一般事業所の率)
image012.jpg

 

(ク)「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開きます。
(ケ)画面上の[検索]ボタンをクリックし、給与画面に表示する部門を指定します。
(例:一般)

image013.jpg

 

(コ)該当の部門に所属している社員のみ表示されますので、給与計算を行います。
(サ)給与計算後、社員1名ずつ画面右上の「□ロック」にチェックマークを付けます。
image014.jpg

 

(シ)給与計算を確定された社員をロック処理後、画面を終了します。
(ス)「設定」→「給与規定」→「労働保険」タブをクリックします。
(セ)率を変更後、[設定]ボタンをクリックします。
(例:建設業の率)
image015.jpg

 

(ソ)「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開き、(ケ)~(シ)の操作を「建設」の部門にて行ってください。

 

 

2:どちらかの事業所については雇用保険料を手入力する方法
(ア)保険料率を変更する月に更新後、「設定」→「給与規定」→「労働保険」タブをクリックします。
(イ)率を変更後、[設定]ボタンをクリックします。
(例:一般事業所の率)
image012.jpg
(ウ)「給与」→「給与データ入力(台帳形式/一覧形式)」を開きます。
(エ)「一般」の率の社員の給与計算を行います。
(オ)「建設」等もう一つの社員の給与計算を行います。
(カ)雇用保険料のみ手入力に変更します。変更方法につきましては「手入力モードの入力方法」をご覧下さい。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています