ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.らくらく仕訳監査の監査結果に「不課税科目なのに税区分が指定されている仕訳があります。」と表示される

image001.jpg

 

「決算」→「らくらく仕訳監査」の監査結果に「伝票No.XXの中に不課税科目なのに税区分が指定されている仕訳があります。」と表示された場合、該当仕訳で使用した勘定科目について「導入」→「勘定科目設定」では「消費税区分:対象外」としているのにもかかわらず、仕訳入力時には消費税区分を設定されていることが考えられます。

 

監査結果をダブルクリックすると、該当の仕訳画面に移動しますので入力した仕訳の消費税区分が正しく設定されているかをご確認ください。

 

また、仕訳入力時に主に消費税が課税される勘定科目については、「導入」→「勘定科目設定」より仕訳入力時の消費税区分をあらかじめ設定することができるようになっております。

image002.jpg

 

<操作手順>

 

1.「ファイル」→「データ同期」より現在選択中の会計データを格納します。

 

2.「ファイル」→「データ同期」より対象データを更新モードで取得します。

 

3.「導入」→「勘定科目設定」を開き、画面右上の「詳細表示」にチェックを付けます。

image003.gif

 

4.該当の勘定科目が主に消費税が課税される場合は、「借方税区」「貸方税区」を修正してください。

image004.gif

 

5.「勘定科目設定」を終了し、改めて「決算」→「らくらく仕訳監査」を開き、画面上部の[監査実行]をクリックし、再監査してください。

該当の「監査結果」が表示されなくなったことをご確認ください。

 

 

【便利な機能】

 

「らくらく仕訳監査」の監査結果について内容の確認が終わりましたら、監査結果の左側「チェック」欄にチェックをつけ、画面右上の「□チェック済も表示する」のチェックを外すことで「チェック」を付けた監査結果を非表示にすることもできます。

image005.gif

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています