ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.製品起動時に「SQL Serverの接続設定」画面が表示され起動ができない

 

 

製品を起動する際に「SQL Serverの接続設定」画面が表示される場合は、以下の点をご確認ください。

image001.jpg

 

<事前確認>

1.「SQL Serverの接続設定」画面に表示されている「サーバー(S)」をメモ等に控えます。

(例:*****\SORIMACHI2017

 

2.「SQL Serverの接続設定」画面は[キャンセル]ボタンをクリックします。

 

3.「キャンセルが選択されました。給料王を終了します。」のメッセージは[OK]ボタンをクリックします。

image002.jpg

 

4.「SQL Server」の状態を確認します。

※画像はWindows10の画像になります。

(ア)キーボードの 「Windows」キー+「s」キーを押します。

(イ)「ここに入力して検索」欄に「コントロールパネル」と入力し、Enterキーを押します。

「最も一致する検索結果」の「コントロールパネル」をクリックします。

image003.jpg

 

(ウ)画面右上の「表示方法」を「カテゴリ」表示としていただき、「システムとセキュリティ」を選択します。

image004.jpg

 

(エ)「管理ツール」(Windows11では、Windowsツール)をクリックします。

image005.jpg

 

(オ)「サービス」を選択します。

image006.jpg

 

(カ)画面右側に表示される【名前】で、SQL Serverのインスタンス名を確認します。

SQL Server(インスタンス名)」と表示されます。

例:SQL ServerSORIMACHI2017

image007.jpg

(キ)「SQL Server(SORIMACHI2017)」の右側の「状態」を確認します。

こちらが「実行中」となっている場合は、Aの手順に進みます。

こちらが、「空欄」または「停止」の表示の場合は、「SQL ServerSORIMACHI2017)」の欄を右クリック→「開始」等選択可能かご確認ください。

image008.jpg

 

※こちらが、「空欄」または「停止」の状態で、「開始」を選択した場合に、メッセージが表示された場合は、別名インスタンスでSQL Server 2017のインストールを行います。

こちらをクリックして、「SQL Server 2017」の手動インストールを行ってください。

 

A.SQLCheckのご利用方法

 

SQLCheckは、製品起動時に「SQL Serverの接続設定」画面が表示されたり、SQLServerへの接続に失敗したりした時に、接続状況を改善させるためのツールです。

※本ファイルは弊社王シリーズ製品での利用を目的としたものとなります。それ以外の目的で使用しないでください。
また、万が一そのような使用において発生した問題につきましては、弊社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承願います。

 

SQLCheck.exe

 

1.上記ファイル名を右クリックして、「対象をファイルに保存」(または「名前を付けてリンク先を保存」など)をクリックします。

Microsoft Edge/Google Chromeの場合>

image009.gif

 

2.保存画面が表示されましたら、デスクトップを指定して、[保存]をクリックします。

image010.gif

 

3.デスクトップに保存した「SQLCheck.exe」をダブルクリックします。

4.「SQLサーバー」に<事前確認>の1番でメモに控えましたサーバー名を選択し、 [チェック開始]ボタンをクリックします。

※サーバー名=「コンピュータ名\インスタンス名」

(例:*****\SORIMACHI2017

image011.jpg

 

5.処理結果へ「チェック終了」と表示されるまでお待ちいただき、再度[チェック開始]をクリックします。

image012.gif

 

6.「チェック終了」が表示されましたら、もう一度、[チェック開始]をクリックします。

 

7.処理結果の情報が複数回行うことで、更新されます。3回以上は必ず[チェック開始]をクリックします。

チェックが完了しましたら、画面を閉じ、製品の起動をお試しください。

※「SQL Serverの接続設定」画面が表示された場合は、SQL Serverを手動でインストールされている場合は、「パス」の所に、手動でインストールした際のパスワードをご入力後、[設定]ボタンをクリックします。

 

※上記操作を行っていただき、同様に「SQL Serverの接続設定」画面が表示される場合は、別名インスタンスでSQL Server 2017のインストールを行います。

こちらをクリックして、「SQL Server 2017」の手動インストールを行ってください。

 

SQL Server 2017」の手動インストールが正常に完了後、給料王を別名インスタンスでのインストールを行います。

下記手順は、上記「SQL Server 2017」の手動インストールのQAにも説明がございます。

併せてご確認ください。

 

※製品インストールの際は、今回インストールしたSQLServerを利用するため、以下の設定を行ないます。

 

(ア)新製品インストール時の「データベースエンジンの詳細セットアップ」にチェックを入れて、[次へ]をクリックします。

image013.jpg

 

(イ)「インスタンス名」に「SQL Server 2017」をインストールした際のインスタンス名(例:『SORIMACHI2017_1』)を入力して、[次へ]をクリックします。

image014.jpg

 

(ウ)以下のメッセージが表示されますので、[はい]ボタンをクリックします。

※「ソリマチ製品」には、お使いの製品名が表示されます。

image015.jpg

 

(エ)以降は画面の指示に従ってインストールを行います。

 

※インストール完了後、「オンラインアップデート」画面が表示された場合は、[はい]をクリックして案内に従ってインストールを行います。

 

(オ)初回起動時に以下のメッセージが表示されますので、以下の操作を行います。

[いいえ]をクリックします。

image016.jpg

 

(カ)「SQL Server の接続設定」画面で「パスワード(P)」欄が入力できるようになるため、「SQL Server 2017」で設定したパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

image017.jpg

 

(ウ)給料王が起動されますので、ご確認ください。

 

 

<こんな時は>

給料王を起動した際に、「SQL Serverのサービスを開始できません。」と表示される場合がございます。[ 詳細]ボタンをクリックした際のエラー番号が以下の場合は、操作を行ってください。

image018.jpg

 

<操作手順>

 

A.旧製品にてバックアップを保存します。

 (例:給料王21

1.「ファイル」→「データバックアップ」を開きます。下記の確認画面が表示されましたら[OK]ボタンをクリックします。

image019.jpg

 

2.データバックアップは「対象データベース」に表示されている全てのデータが一括で保存されます。

 3.[参照]ボタンをクリックします。(例:USBメモリにバックアップする場合の操作手順をご説明します。)

image020.jpg

 

4.USBドライブ(リムーバブルディスク)を選択します。

5.ファイル名に「給料王(バックアップしたシステム日付)」が入りますので、[保存]ボタンをクリックします。

image021.jpg

 

 6.バックアップ先がリムーバブルディスクになっていることを確認して[OK]ボタンをクリックします。

image022.jpg

 

(ア)ネットワーク上の「安心データバンク」にも保存する場合は、「バックアップデータを「ソリマチ安心データバンク」にも保存する」にチェックマークを入れます。

 

(イ)「安心データバンク」について詳細はこちらをクリックします。

 

7.パスワード設定画面が表示されましたら、『パスワード』欄は空欄の状態で[OK]ボタンをクリックします。

image023.jpg

 

8.バックアップが正常に終了しますと、下記画面が表示されますので[OK]ボタンをクリックしてください。

image024.jpg

 

. 旧製品にてマイナンバー情報を保存します

 

旧製品でマイナンバーを入力している場合は、マイナンバー情報の出力を行います。

 

マイナンバーの保存方法につきましては、こちらをご覧ください。

「マイナンバー情報を出力するには」

 

 

C.旧製品のアンインストールを行います。

 

1.給料王が終了している状態で、「コントロールパネル」よりインストールされているプログラムのリスト画面を開きます。

 

Windowsの「スタート」ボタンの上で右クリックし、「コントロールパネル」を開きます。

b.表示された画面より「プログラムのアンインストール」または「プログラムと機能」をクリックします。

 

2.画面が表示されましたら、旧製品の名前の上で右クリックし、[アンインストールと変更]を選択します。

image025.jpg

 

3.以下のような画面が表示されます。このまましばらくお待ちください。

※「ユーザーアカウント制御」画面が表示されましたら、そのまま[はい]ボタンをクリックして下さい。

image026.jpg

 

4.「プログラムの保守」画面が表示されましたら「削除」を選択し、[次へ]ボタンをクリックします。

image027.jpg

 

5.確認メッセージが表示されます。アンインストールする場合は[OK]ボタンをクリックします。

image028.gif

 

6.アンインストール中は以下のような画面が表示されます。このまましばらくお待ちください。

image029.jpg

 

7.「給料王XXのメンテナンスを完了しました。」と表示されましたら、[完了]ボタンをクリックします。

image030.jpg

 

8.他にも旧製品がございましたら、2番から7番の処理を同様に行ってください。

 (例:給料王20、給料王19等)

 

.「給料王」を起動し、Aで保存したバックアップデータを取り込みます。

 

1.給料王を起動します。

2.次の画面が表示されますので[はい]ボタンをクリックします。

image031.jpg

 

3.「データ復元機能で会社データを登録します」を選択します。

image032.jpg

 

4.【復元元】を『パソコン内のファイル』と『「ソリマチ安心データバンク」に保存したバックアップデータ』のいずれか該当する方を選択します。

 

例:USBメモリに保存したデータを復元する場合の操作手順をご説明します。

 

a.「復元元」欄より、『パソコン内のファイル』を選択し、ファイル名の[参照]ボタンをクリックします。

image033.jpg

 

b.USBドライブ(リムーバブルディスク)を選択します。

 

c.復元したいバックアップファイルをクリックし、[開く]ボタンをクリックします。

※(yyyymmdd)とはバックアップを取った日付です。

image034.gif

 

d.「ファイル名」が正しいことを確認し、画面下の[OK]ボタンをクリックします。

※・・は給料王のバージョンが表示されます。

image035.jpg

5.復元処理が完了しますと以下のメッセージが表示されますので[OK]ボタンをクリックします。

image036.jpg

6.給料王が閉じますので、再度「給料王」を起動していただき、データをご確認ください。

 

※旧製品のデータを復元していますので、起動時にコンバート画面が表示されます。

OK]ボタンをクリックして、コンバート処理を行ってください。

image037.jpg

 

.旧製品で保存したマイナンバー情報を取り込みます。

 

上記B.にてマイナンバー情報を出力された場合は、マイナンバー情報の取り込みを行います。

 

マイナンバー情報の取り込み方法につきましては、こちらをご覧ください。

「マイナンバー情報を取り込みするには」

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています