ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.ピア・ツー・ピアが接続できない場合の対処方法

対象製品
会計王21PRO以降

 

 

 

会計王PRO製品をピア・ツー・ピア接続でご利用されている場合に、クライアントパソコンの会計王PRO起動時にホストパソコンのSQL Serverに接続をする際に「データベースへの接続に失敗しました~」等のメッセージが表示され、接続ができない場合は以下の対処方法にて設定/確認を行います。

 

image001.jpg

 

 

<対処方法>

 

A.ホストパソコンにてピア・ツー・ピア 環境設定を確認します。

B.ホストパソコンの会計王PROにて利用者設定を確認します。

C.ホストパソコンの会計王PROにてサーバー名をメモに控えます。

D.クライアントパソコンの会計王PROを起動し、ホストパソコンに接続します。

E.ホスト、クライアント共にpingの確認を行います

F.SQL Serverをファイアウォールの例外設定を行います。

G.Windowsの「パスワード保護共有」を確認します。

H.SQL Serverのサービスの状態を確認します。

.プロトコルの有効化を行います。

J.SQLCheckツールを試します。

 

 

 

<操作手順>

 

A.ホストパソコンにてピア・ツー・ピア 環境設定を確認します。

 

1.ホストパソコンの会計王PROを終了し、[ソリマチ製品 サポートと設定ツール]を開きます。

※ご利用のOSにより、操作が異なります。

 

<Windows11の場合>

Windowsのスタートボタン →[すべてのアプリ]→[ソリマチ アプリケーション]→[ソリマチ製品 サポートと設定ツール]を選択します。

image002.jpg

 

 

<Windows10の場合>

Windowsのスタートボタン →[ソリマチ アプリケーション]→[ソリマチ製品 サポートと設定ツール]を選択します。

image003.jpg

 

 

<Windows8.1の場合>

デスクトップ画面からキーボードでWindowsキー(  )を押下し、マウスカーソルを画面左下に移動して  をクリック後、「アプリ」画面から[ソリマチ製品 サポートと設定ツール]を選択します。

 

image006.jpg

 

 

 

2.「会計王XXPRO」→「ピア・ツー・ピア環境設定」を開きます。

※製品のバージョンによりフォルダー名が異なります。上記「XX」には製品バージョンの数字が入ります。

 

※「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、「はい」をクリックします。

image007.jpg

 

 

3.「ピア・ツー・ピア環境設定」画面が表示されます。画面内の製品名を確認し、ホストに接続する

クライアントのシリアル番号が入力されているか確認します。クライアントのシリアル番号が入力されていない場合は、クライアントのシリアル番号を入力し、画面下の[設定]ボタンをクリックします。

 

※すでに入力されている「シリアル番号」は、ホスト側のシリアル番号です。(入力・変更できません)

mceclip0.png

 

 

4.下のメッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

 

image009.jpg

 

 

5.ホストパソコンにて「会計王PRO」を起動しますと、設定が有効になります。引き続き、手順Bへお進みください。

 

 

 

B.ホストパソコンの会計王PROにて利用者設定を確認します

 

ホストパソコンにて「会計王PRO」を起動後、「ファイル」→「利用者設定」を開き、クライアント用のユーザーが登録されているか確認します。

 

※クライアント用のユーザーが登録されていない場合は、画面下部「利用者登録」ボタンをクリックして登録します。

mceclip1.png

 

クライアント用のユーザーが登録されている場合や手順Bにてクライアント用のユーザーを登録した場合は、引き続き手順Cへお進みください。

 

 

 

C.ホストパソコンの会計王PROにてサーバー名をメモに控えます

 

ホストパソコンの「会計王PRO」画面右下に表示されているホストパソコンのサーバー名をメモに控え、手順Dへお進みください。

 

image011.jpg

 

 

 

D.クライアントパソコンの会計王PROを起動し、ホストパソコンに接続します

 

1.クライアントパソコンにインストールした会計王PROを起動します。

 

2.〔オンラインアップデート〕画面が表示されましたら、[はい]ボタンをクリックし、最新のプログラムをダウンロード後、インストールを行います。

 

3.初回起動時には下の画面が表示されますので、[接続するSQL Serverを変更する。]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

 

image012.jpg

 

 

4.「接続先設定」画面が表示されますので、「SQL Server」枠の▼ボタンをクリックし、表示されるドロップダウンリストから、手順Cでメモに控えていただいたホストパソコンの会計王PROのサーバー名を選択し、[接続]ボタンをクリックします。

 

SQL Server 2017の場合>

image013.jpg

 

SQL Server 2012の場合>

image014.jpg

 

※ホストパソコンのサーバー名が「SQL Server」枠のドロップダウンリストの選択肢に表示されない場合は、「SQL Server」欄に、手順Cでメモに控えていただいたホストパソコンの会計王PROのサーバー名を直接手入力していただき、[接続]ボタンをクリックしてください。

 

 

5.ホストパソコンに接続すると、「ログイン」画面が表示されます。

ホストパソコンの会計王PROにて手順Bにて「ファイル」→「利用者設定」で確認したクライアントパソコン用の「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、[ログイン]ボタンをクリックします。

 

image015.jpg

 

 

6.「データ選択」より該当の事業所フォルダーをダブルクリックして開き、処理する会計データをクリックして、画面右下[選択]ボタンよりデータを選択しご利用ください。

image016.jpg

 

 

 

 

E.ホスト、クライアント共にpingの確認を行います

 

1.クライアントパソコンにて、「コマンドプロンプト」を開きます。

※ご利用のOSにより、操作が異なります。

 

<Windows11場合>

Windowsのスタートボタンをクリックし、「すべてのアプリ」(図:a)→「「Windows ツール」(図:b)→「コマンドプロンプト」(図:c)をクリックします。

 

(図:a)

image017.gif

 

(図:b)

image018.jpg

 

(図:c)

image019.jpg

 

 

<Windows10の場合>

Windowsのスタートボタンをクリックし、「Windowsシステムツール」→「コマンドプロンプト」をクリックします。

image020.jpg

 

 

<Windows8.1の場合>

Windowsの[スタート]ボタンを右クリックし、「コマンドプロンプト」をクリックします。

image021.jpg

 

 

2.カーソルが点滅している位置に「ping△ホストのコンピューター名」(△は半角スペース)を入力してキーボードの「Enter」キーを押してください。

 

<コンピューター名確認方法>

mceclip2.png

 

 

3.下記のOS別の応答結果に基づき、接続状態を確認してください。

Windows11/10/8.1の場合

image023.jpg

 

≪正しい応答≫

XXXX からの応答~」が4つ続く場合は、問題なくつながっている状態です。

→手順F以降の設定を行ってください。

 

それ以外の結果が返ってきた場合は、TCP/IPにて通信ができていないか、入力したコマンド、またはコンピューター名が間違っている可能性があります。

詳しくは、ネットワーク管理者様等にお問い合わせください。

 

 

4. 同様にホストパソコンでも手順E1~2を参考に「コマンドプロンプト」より、「ping△クライアントのコンピューター名」(△は半角スペース)を入力し、正しい応答が返ってくることを確認してください。

 

 

 

 

F.SQL Serverをファイアウォールの例外設定を行います。

 

1.SQL Serverをファイアウォールの例外設定にする方法を行います。

→例外設定方法に関してはこちらをご参照ください。

 

2.クライアントパソコンからホストパソコンのサーバーに接続をお試しください。

 

 

上記の方法でも接続できない場合は手順G以降の操作をお試しください。

 

 

G.Windowsの「パスワード保護共有」を確認します。

※ホストとなるパソコンで操作を行います。

 

1.「コントロールパネル」を開きます。

※ご利用のOSにより、操作が異なります。

 

<Windows11の場合>

Windowsの「スタート」ボタンをクリックし、画面上の「検索するには、ここに入力します」欄に「コントロールパネル」と入力し、Enterキーを押します。

image024.jpg

 

<Windows10/8.1の場合>

Windowsのスタートボタン→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を選択します。

Windows 8.1の場合はキーボードのWindowsマークキーを押しながら「X」キーを押下し、「コントロールパネル」を開きます。

image025.jpg

 

 

2.画面右上の「表示方法」を「カテゴリ」とします。

 

 

3.[ネットワークの状態とタスクの表示]をクリックします。

 

mceclip3.png

 

 

4.画面左の「共有の詳細設定の変更」をクリックします。

image027.jpg

 

 

5.「すべてのネットワーク」右の丸いアイコンをクリックします。

※ご利用のOSにより、操作が異なります。

 

<Windows11の場合>

「すべてのネットワーク」右の「∨」マークの上をクリックします

image028.jpg

 

 

<Windows10/8.1の場合>

「すべてのネットワーク」右の丸いアイコンをクリックします。

image029.jpg

 

 

6.画面下の「パスワード保護共有」をオフまたは、『パスワード保護共有を無効にする』をクリックして選択します。

※ご利用のOSにより、操作が異なります。

 

<Windows11の場合>

「すべてのネットワーク」下の「パスワード保護共有」は「オフ」を選択してください。

image030.jpg

 

<Windows10/8.1の場合>

一番下までスクロールし、「パスワード保護共有」の『パスワード保護共有を無効にする』をクリックして選択し、画面下部の[変更の保存]をクリックします。

image031.jpg

 

 

7.設定後、クライアントからの接続をお試しください。

 

 

上記の方法でも接続できない場合は手順H以降の操作をお試しください。

 

 

H.SQL Serverのサービスの状態を確認します。

 

1.Windows Update等によりSQL Serverが停止している場合がございます。SQL Serverのサービスの状態を確認していただき、停止状態の場合は手動で「開始」していただく操作を行ってください。

 

→操作方法に関してはこちらをご参照ください。

 

2.SQL Serverが開始していることを確認後、クライアントパソコンからホストパソコンのサーバーに接続をお試しください。

 

 

上記の方法でも接続できない場合は手順Iの操作をお試しください。

 

 

 

I.プロトコルの有効化を行います

 

SQLServerセキュリティ構成と構成マネージャーからSQLServerの設定を見直します。

 

1.以下の方法で「SQL Server構成マネージャー」を開きます。

 

(ア)キーボードの「Windowsキー(mceclip5.png)」+「R」を押し「ファイル名を指定して実行」を表示します(またはデスクトップ画面のスタートボタンを右クリックし、表示されたリストから「ファイル名を指定して実行」をクリックします)。

 

(イ)以下のフォルダーパスをコピーして、「名前」欄に貼り付けて[OK]ボタンをクリックします。

 

<SQL Server2017の場合>

C:¥WINDOWS¥SysWOW64¥SQLServerManager14.msc

SQL Server201764bitOSにのみ対応しています。

 

<SQL Server2012の場合>

32bitOSの場合こちらをコピー→C:¥WINDOWS¥System32¥SQLServerManager11.msc

64bitOSの場合こちらをコピー→C:¥WINDOWS¥SysWOW64¥SQLServerManager11.msc

 

SQLServer2008の場合>

32bitOSの場合こちらをコピー→C:¥WINDOWS¥System32¥SQLServerManager10.msc

64bitOSの場合こちらをコピー→C:¥WINDOWS¥SysWOW64¥SQLServerManager10.msc

 

※コピーと貼り付けがうまくいかない場合は、お手数ですが「名前」欄に手入力してください。

mceclip0.png

 

※ユーザーアカウント制御画面が表示されましたら、[はい]ボタンをクリックします。

 

 

2.左の画面から「SQL Serverネットワークの構成」-「使用しているインスタンス名のプロトコル」をクリックします。

mceclip6.png

 

 

3.右の画面で「共有メモリ」、「名前付きパイプ」、「TCP/IP」の「状態」をすべて『有効』にします。『有効』になっていない場合は、変更するプロトコル名を右クリックして、「有効化」をクリックします。

mceclip7.png

 

 

4.警告メッセージは[OK]ボタンをクリックします。

mceclip8.png

 

 

5.「SQL Server構成マネージャー」の左の画面から「SQL Server のサービス」をクリックします。

mceclip9.png

 

 

6.右側の画面で「SQL Server (使用しているインスタンス名)」と「SQL Server Browser」を右クリックして、「再起動」をクリックします。

mceclip10.png

 

 

7.両方の再起動が完了したら、製品を起動してピア・ツー・ピア接続をお試しください。

 

 

上記の方法でも接続できない場合は手順Jの操作をお試しください。

 

 

. SQLCheckツールを試します。

 

SQLCheckは、製品起動時に「SQLServerの接続設定」画面が表示されたり、SQLServerへの接続に失敗したりした時に、接続状況を改善させるためのツールです。

※本ファイルは弊社王シリーズ製品での利用を目的としたものとなります。それ以外の目的で使用しないでください。
また、万が一そのような使用において発生した問題につきましては、弊社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承願います。

 

SQLCheck.exe

 

1.上記ファイル名を右クリックして、「対象をファイルに保存」(または「名前を付けてリンク先を保存」など)をクリックします。

 

Microsoft Edgeの場合>

mceclip11.png

 

Google Chromeの場合>

mceclip12.png

 

 

2.「名前を付けて保存」画面が表示されましたら、デスクトップを指定して、[保存]をクリックします。

mceclip13.png

 

 

3.デスクトップに保存した「SQLCheck.exe」をダブルクリックします。

 

 

4.「SQLサーバー」にサーバー名を入力して[チェック開始]をクリックします。

※サーバー名=「コンピューター名¥SORIMACHIXXXX

LANパックやピア・ツー・ピアでお使いの場合で、クライアントから操作を行う場合は、指定する「SQLサーバー」はホストのサーバー名を指定します。

 

mceclip14.png

 

 

5.処理結果へ「チェック終了」と表示されるまでお待ちいただき、再度[チェック開始]をクリックします。

mceclip15.png

 

 

6.「チェック終了」が表示されましたら、もう一度、[チェック開始]をクリックします。

 

 

7.3回目のチェックが完了しましたら、画面を閉じ、製品の起動をお試しください。

 

※現象が改善されなかった場合は、SQLCheckの結果画面を表示した状態で、サポートセンターにお問い合わせください。

 

 

. 手順D.を行い、クライアントパソコンからホストパソコンのサーバーに接続をお試しください。

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています