ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.給料王起動時に退職社員のマイナンバー削除について表示された場合

対象製品
給料王22以降

 

退職社員の退職年月からマイナンバー保存期間を超過すると、給料王の起動時に個人番号の削除を促す確認画面が表示されます。

image001.jpg

 

「マイナンバー設定」では対象となる社員が赤色で表示されていますので、個人番号を削除します。

自動的には削除されませんので、ご確認の上削除処理を行ってください。

 

<事前確認>

「マイナンバー保存期間」は、以下の画面より確認可能です。

「設定」→「会社情報設定」を開いて、「その他」タブをクリックします。

画面中ほどに、「マイナンバー保存期間」が表示されます。

こちらは、初期値では7年になっておりますが、1年~7年の範囲で変更も可能です。

変更した場合は、必ず画面下部の[設定]ボタンをクリックします。

image002.png

 

<操作手順>

1.給料王起動時に以下のメッセージが表示された場合は、[詳細]ボタンをクリックします。

image003.png

 

2.対象になる社員名とその社員が登録されている会社データ名が表示されます。

対象社員を確認してメモに控えていただく等行い、画面右上の[OK]ボタンをクリックして給料王を起動します。

※複数の会社データを管理している場合でも、対象社員がデータごとに表示されます。

image004.png

 

3.「設定」→「マイナンバー設定」を開きます。

「パスワード入力」画面が表示されましたら、「マイナンバー設定」で設定されたパスワードを入力して、[OK]ボタンをクリックします。

image005.png

 

4.前述の2番でメモに控えた対象社員の氏名が赤色で表示されます。

氏名をクリックして、画面左上の[番号削除]ボタンをクリックします。

image006.jpg

 

5.個人番号削除についての確認メッセージが表示されます。

こちらのメッセージは、[はい]ボタンをクリックします。

image007.png

 

6.個人番号が削除され、空欄で表示されます。

合わせて、「番号確認書類」や「身元確認書類」も削除されます。

image008.jpg

 

※もし、対象退職社員の扶養親族にもマイナンバーを入力していた場合は、扶養親族についても個人番号の削除を行います。

image009.jpg

 

7.対象社員の個人番号削除が終わりましたら、「マイナンバー設定」を終了します。

次回起動時に、該当メッセージが表示されないことをご確認ください。

 

※もし、2番でメモに控えた対象社員もしくは扶養親族の「個人番号」欄が空欄の場合で、給料王起動時にマイナンバー削除の確認画面が表示された場合は、お手数ですが再度マイナンバーを入力してから、番号削除ができるかお試しください。

また、こちらの対象社員のマイナンバーがご不明な場合は、一時的に本人以外のマイナンバーを入力してお試しください。

この記事は役に立ちましたか?
14人中7人がこの記事が役に立ったと言っています