ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.入力済み伝票の税率を一括で変更する方法

対象製品
販売王18以降

販売王18販売・仕入・在庫以降

 

 

入力した伝票の消費税率に誤りがあった場合など、テキストデータ入出力機能を使って一括で変更することが可能です。

 

例:2017/04/01以降に入力した伝票の税率が10%だったので、一括で8%に変更したい

※操作の前に必ずバックアップを行ってください。

 

1.ダイレクトニュー「ツール」-「テキストデータ出力」を開きます。

 

2.出力形式名称は「売上伝票(消費税特例対応形式)」を選択し、画面左下の[出力形式編集(E)]をクリックします。

image001.jpg 

 

3.画面左下「Csv出力形式」欄内の13行目「売上伝票;税率区分コード」の右側「固定値」欄に

半角数字で「3」を入力し、[別名保存(F11)]をクリックします。

image002.jpg 

image003.gif

 

4.別名保存画面が表示されましたら、分かりやすく名前を変更して[保存(F12)]をクリックします。

image004.jpg

 

5.テキストデータ出力画面に戻りましたら、伝票日付に『2017/04/01』~『空欄』など税率を変更したい伝票が含まれるよう日付を入力します。

※他にも伝票番号で絞り込む方法などがございます。

image005.jpg

 

6.画面右下の[参照(R)]をクリックします。

image006.jpg

 

7.「ファイルの場所」でファイルの出力先を指定し、出力するファイル名を入力して[開く]をクリックします。

image007.jpg

 

8.[開始(F12)]をクリックします。出力が完了しましたら、テキストデータ出力画面は閉じます。

 

9.ダイレクトメニュー「ツール」-「テキストデータ入力」を開きます。

 

10.入力形式名称は上記手順4で保存した名称を選択し、「データは取り込まずエラーチェックのみ行う(K)」にチェックを付けます。

image008.jpg

 

11.入力ファイル名右側の[参照(R)]をクリックし、上記手順7で出力したファイルを指定します。

 

12.[開始(F12)]をクリックし、エラーチェックの結果正常に取り込まれることが確認できましたら、手順9で付けた「データは取り込まずエラーチェックのみ行う(K)」のチェックを外し、再度[開始(F12)]をクリックします。

 

13.テキストデータ入力が完了しましたら、実際に売上入力画面で税率が8%になっているかご確認ください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています