ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.「[伝票No.○] の中に税込仕訳が存在します」と表示される場合

 

 

仕訳チェックサービスにおいて、「税抜経理時の税込仕訳をチェック」をONにして実行した際に「[伝票No.○○]の中に税込仕訳が存在します」と表示される場合があります。

image001.jpg

 

上記のチェック結果が表示された場合は、以下の手順をご確認ください。

 

※このチェックは、「初期」→「基本」→「消費税情報設定」の【消費税処理方法】で、「内税」または「外税」を選択しているデータが対象となります。

image002.jpg

 

 

<操作手順>

 

1.チェック結果の中から確認したい行をダブルクリックするか、行を選択して右上の[呼出]ボタンをクリックします。

image003.jpg

 

 

2.該当の仕訳伝票にジャンプしますので、借方または貸方の「税処理」の欄(「税」欄の3段目)を確認します。

消費税がかかる取引なのに空欄になっていると、正しい集計結果が出ない原因となります。

空欄になっている「税処理」欄をクリックすると、「外」→「内」→「別」→「(空欄)」…と変わっていきますので、普段入力している税処理方法に変更してください。

image004.jpg

 

 

3.他にもチェック結果に表示された伝票があれば、手順1~2.の方法で消費税処理方法に間違いがないかを確認してください。

 

4.確認と修正が完了しましたら、改めて「仕訳チェックサービス」をお試しください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています