ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.組合員向けのJA科目対応付けファイルを出力する方法

 

 

電算センターから受け取ったデータを農業簿記に取り込むには、「JA科目」と「簿記科目」を対応付けておく必要があります。

農業簿記JAバージョンで取り込む場合だけでなく、農業簿記(個人版)に、「ソリマチ れん太郎」や「クミカンデータ転送システム」を利用して取り込む場合も、その対応付け情報が必要です。

農業簿記JAバージョンで設定されている対応付け情報を、組合員用(個人版用)に出力する場合、メニューバーの「データ管理」→「ツール」→「JA科目対応付けファイル出力」より行います。

ここで出力された対応付けファイルは、組合員のパソコン内にコピーして使用します。

 

<操作手順>

 

1.対応付け情報を出力する前に、JA取引の設定が正しく行われているかどうかを確認します。

(1)「日常」→「JA取引」→「初期設定」にて「経営形態別・基準組合員」、が設定されていること、「営農基本コード」が正しく選択されていることを確認します。

image001.jpg

 

(2)「日常」→「JA取引」→「JA科目設定」にて科目が正しく対応付けされていることを確認します。

image002.jpg

 

2.「JA科目設定」画面を終了し、メニューバーより、「データ管理」→「ツール」→「JA科目対応付けファイル出力」をクリックします。

 

3.出力条件を設定します。

image003.gif

 

(1)「出力形態」から、対応付けファイルを出力したい形態を選択します。

※「出力形態」は1種類ずつの選択になります。3種類を同時に出力することはできません。

 

(2)「出力先フォルダー」の[参照]ボタンをクリックすると、以下の画面が表示されます。

出力先を指定して[フォルダーを開く]ボタンをクリックします(例:USBメモリーに出力する場合)。

image004.jpg

 

4.[実行]ボタンをクリックします。

※手順3.(2)で出力先を変更した場合は、下のメッセージが表示されますが、[OK]ボタンをクリックします。

image005.jpg

 

5.メッセージ内容を確認し、よろしければ[OK]ボタンをクリックします。

image006.jpg

 

6.出力が完了すると下のメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。

image007.jpg

 

出力先には、「TAIOU.REN」というファイルが作成されます。

image008.jpg

 

上記のファイルを各組合員に配布し、組合員のパソコンの、以下のフォルダー内に保存してご利用ください。

image009.gif

 

※「TAIOU.REN」の他に「TAIOU1.REN」ファイルが作成される場合がありますが、「TAIOU.REN」のみ保存してください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています