ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.仕訳を入力した後で部門管理を行う方法

 

 

仕訳入力後に部門管理を行う場合は、次の操作を行ってください。

※この作業を行う前に、必ず「データ管理」→「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」より、データのバックアップをお取りください。

 

A.事前準備

 

農業用、不動産用、一般(営業)用と複数業種の部門を作成する場合は以下の準備を行います。

業種が1つだけの場合はB.操作手順にお進みください。

 

1.「初期」→「基本」→「基本情報設定」を開き、「不動産用の申告書を提出している」「一般用の申告書を提出している」のうち、必要な箇所にチェックを付けて[設定]ボタンをクリックします。

image001.jpg

 

2.メッセージが表示されますが、[OK]ボタンをクリックして閉じます。

image002.jpg

 

 

B.操作手順

 

1.「初期」→「基本」→「部門設定」より部門を登録します。

image003.jpg

 

2.部門設定後、[終了]ボタンをクリックします。

以下の画面はそれぞれ[はい][OK]をクリックして閉じてください。

image004.jpg

 

image005.jpg

 

部門設定を初めて行った場合は、1度だけ以下の画面が表示されます。

部門管理をしたい科目が属する項目にチェックを付け、[設定]ボタンをクリックしてください。

※「製造原価科目」は、法人事業で「製造原価あり」のデータを作成した場合のみ、チェックを付けることができます。

image006.gif

 

3.既に使用済みの勘定科目がある場合は、以下のメッセージが表示されます。

image007.jpg

 

[はい]を選択した場合

すでに仕訳などで使用されている科目に「共通部門」を自動的に設定します。

 

<部門設定前>

 image008.jpg

 

上記の仕訳が登録されている状態で【使用中勘定科目の共通部門設定】画面にて[はい]を選択しますと、以下のように科目の部門が「共通部門」に変更されます。

借方・貸方部門をクリックして、該当する部門を選択し直してください。

 

<部門設定後>

image009.jpg

 

[いいえ]を選択した場合

既に仕訳で使用している科目については部門設定を行わず、それ以外の科目に部門設定を行います。

 

[キャンセル]を選択した場合

【部門ありの勘定科目設定】画面に戻ります。

 

※貸借対照表科目を部門管理したい場合や、2.の操作で選択し忘れた項目があった場合は、「初期」→「基本」→「勘定科目設定」にて勘定科目ごとに部門の有無を設定できます。

image010.jpg

 

なお、既に使用済みの勘定科目については、以下のメッセージが表示されます。

image011.jpg

 

[はい]を選択した場合

部門管理「有」とした科目を使用している仕訳などに対して「共通部門」を自動的に設定します。

 

[いいえ]を選択した場合

部門管理「有」への変更を中止し、勘定科目設定の画面に戻ります。

 

また、貸借科目に期首残高が入った状態で【使用中勘定科目の共通部門設定】画面にて[はい]を選択しますと、先頭の部門に期首残高が設定されます。

image012.jpg

 

上記メッセージで[OK]をクリックしますと、「部門別開始残高」画面が表示されますので、該当する部門ごとに、開始残高を入力し直してください。

image013.jpg

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています