ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.部門設定の「部門階層」や「配分」について

 

 

大部門・中部門・小部門と3階層に分けて部門設定ができます。

また、仕訳を部門ごとに分けることにより、部門ごとの金額の集計や比較などが行えます。

 

<操作手順>

 

A.部門階層について

 

1.「階層なし」の場合

部門の階層を特に設定しません。それぞれの項目ごとの金額のみが把握できます。

image001.jpg

 

2.「2階層」の場合

中部門・小部門と2階層に分けて金額の把握ができます。

「農業単位」および「不動産単位」で項目ごとの金額を把握する場合にこちらを選択します。

image002.gif

 

3.「3階層」の場合

大部門・中部門・小部門に分けて金額の把握ができます。

「農業単位」および「不動産単位」さらに農業・不動産を細分化して金額を把握する場合にこちらを選択します。

 image003.gif

 

個人事業者の方で、「農業所得」、「不動産所得」、「一般所得」など2種類以上の申告がある場合も部門作成が必要となります。

例:農業収入の他に、不動産収入、一般収入がある場合

image004.gif

 

また、階層の変更をする場合は、画面左上の[部門階層]の▼をクリックして変更します。

image005.gif

 

 

※※ ご注意ください ※※

階層の変更は、仕訳等が入力されている場合は変更できません。

image006.gif

  

 

 

B.「共通部門」と「配分」について

 

部門を設定した場合、どの部門にも該当しない取引に関しては「共通部門」として仕訳を入力することができます。

部門設定の「配分」欄に率を入力しますと、【対象画面(※)】において、その配分率に応じて自動集計できるようになっています。

image007.jpg

 

※【対象画面】

・「集計分析」→「集計」→「部門別実績集計表」

・「集計分析」→「分析」→「部門別経営分析」、「損益分岐点」

 

上記のような配分率の設定で、どの部門にも該当しない電話代金の支払いがあった場合は下のように仕訳を入力します。

image008.jpg

 

【対象画面】において、〔共通部門配分を含む〕または〔共通部門の配分を行う〕にチェックを付けると、共通部門で仕訳をした電話代金を7対3の割合で「稲作」と「ナス」に配分します。

image009.jpg

 

 

image010.gif

 

また、科目ごとに共通部門の配分率を変更する場合は、「初期」→「共通部門の配分」画面より行うことができます。

 

 

※※ ご注意ください ※※

共通部門で仕訳を入力した場合、「申告」→「決算書」→「決算書」(法人の場合は「決算」→「決算書等」→「決算書」)や、「申告」→「決算書」→「青色申告決算書印刷」または「収支内訳書印刷」にて印刷する際に、下のメッセージが表示される場合があります。

image011.jpg

 

上記メッセージを[OK]で閉じ、「初期」→「詳細」→「共通部門の配分」画面を一度開いて[終了]すると、次回以降は表示されなくなります。

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています