ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.家計(個人)で使用した費用を経費として入力していた為、仕訳で振り替える方法

 

 

仕訳入力した経費のうち家計(個人)で使用した分は、税法上、経費に含めることはできません。

「決算」→「自動仕訳」→「家事関連費按分表」を使用することで、個人分の経費を振り替える仕訳を生成することができます。

 

※日々の仕訳入力で、あらかじめ家計分と事業分とに分けて仕訳を入力している場合は、この機能を使用する必要はありません。

※「家事関連費按分表」に表示されるのは、「初期」→「基本」→「勘定科目設定」画面の[詳細]ボタンより「家事関連の科目である」にチェックを入れた勘定科目です。

※「9 決算取引」で入力した伝票の金額は、この画面には含まれません。

 

A.事前準備

 

「家事関連費按分表」画面の金額が、「集計分析」→「集計」→「合計残高試算表」に表示される残高よりも少ない場合、「決算取引」として入力している仕訳があることが考えられます。

image001.gif

 

確認方法は以下をご参照ください。

 

1.「日常」→「帳簿」→「簡易振替伝票入力」を開き、画面左上〔検索〕の[▼]をクリックし、「検索指定」を選択します。

image002.jpg

 

2.「検索指定」画面が表示されます。〔取引区分〕で「9 決算取引」選択し、〔勘定科目〕を選択して[開始]ボタンをクリックします。

image003.jpg

 

3.指定した勘定科目を使用して、かつ、取引区分を「9 決算取引」で入力した伝票のみが検索表示されます。

「家事関連費按分表」画面では「9 決算取引」を設定して入力した仕訳は集計されませんので、「家事関連費按分表」画面に金額を反映させたい仕訳は、「9 決算取引」以外の取引区分に変更してください。

image004.jpg

 

 

B.操作手順

 

1.「決算」→「自動仕訳」→「家事関連費按分表」を開きます。

 

2.家事仕向を設定したい「経費」の勘定科目、または補助科目の上でクリックします。

該当の科目が黒枠で囲まれたら[修正]ボタンをクリックします。

image005.gif

 

3.各費用に対し、「どれだけ家事用(個人用)に使用したか」を、比率または金額で入力します。

 

<比率で指定する場合>

〔家事分を比率で指定する〕を選択して、家事分に按分する割合を%で入力します。 

(消費税率ごとに、「残高×比率=家事分」・「残高-家事分=事業分」が自動計算されます。)

image006.jpg

 

<金額で入力する場合>

〔家事分を金額で入力する〕を選択して、消費税率ごとに、家事分の金額を直接入力します。

(消費税率ごとに、「残高-家事分=事業分」が自動計算されます。)

※残高が0円の消費税率にはマスクがかかり、家事分の入力はできません。

image007.jpg

 

4. 〔仕訳作成時の相手方(借方)科目〕を選択します。補助ありの勘定科目の場合は、補助科目も選択してください。

 

※一般的に、個人の場合は「事業主貸」、法人の場合は「短期貸付金」(または「代表者貸付金」)を選択してください。

※「代表者貸付金」をご利用になる場合は、「初期」→「基本」→「勘定科目設定」の〔資産〕内に科目を作成してください。

image008.jpg

 

5.画面右上の[仕訳作成]ボタンをクリックすると、「家事仕向」を設定した勘定科目に対し、仕訳を生成します。

image009.jpg

 

6.確認画面が表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

image010.jpg

 

7.仕訳作成が完了すると下のメッセージが表示されますので、[OK]ボタンをクリックします。

image011.jpg

 

8.「日常」→「帳簿」→「簡易振替伝票入力」を開き、振替仕訳が作成されているかを確認します。

image012.gif

 

※なお、「家事関連費按分表」にて再度仕訳作成を行う際は、下記メッセージが表示されます。

[OK]ボタンをクリックすることで、作成済みの仕訳が自動的に削除され、改めて仕訳を作成し直します。

image013.jpg

 

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています