ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.農業簿記を期中から導入する方法

 

 

農業簿記を期中から導入する場合、導入方法には以下の2通りがあります。

image001.gif

 

<操作手順>

 

例:会計期間が4月1日~翌年3月31日(個人事業者データの場合は1月1日~12月31日)で、「農業簿記」の導入を10月1日から行う場合

 

※※ ご注意ください ※※

A.の方法を採用する場合、設例の4月~9月まで(個人事業用データの場合は1月~9月まで)の合計残高試算表を見ることができません。

また、個人事業者様の場合は、青色申告決算書の貸借対照表における「1月1日(期首)」の金額が正しく表示されません。

4月~9月まで(個人事業用データの場合は1月~9月まで)の正しい数字の合計残高試算表も農業簿記で作成する場合や、個人事業者様で青色申告を選択されている場合はB.の操作を行ってください。

 

A.導入時点の残高を期首残高とする方法

 

1.会計期間について

新規作成時の会計年度は4月1日~翌年3月31日(個人事業者様の場合は1月1日~12月31日)とします。

 

2.期首残高について

9月30日現在の各科目残高を「初期」→「基本」→「期首残高登録」に入力します。

なおその際、法人事業用データの場合は「490:繰越利益剰余金(または当期未処分利益)」欄に前年3月31日現在の「繰越利益剰余金」金額をご入力ください。

また、個人事業用データの場合は「401:元入金」欄に前年12月31日現在の貸借対照表より以下の計算式で算出された金額をご入力ください。

image002.gif

 

3.仕訳入力について

10月1日からの取引内容について

取引が発生する都度、「帳簿」→「日常」→「簡易振替伝票入力」や「振替伝票入力」「出納帳入力」「元帳」より通常入力を行ってください。

 

 

B.前会計年度の期末残高をそのまま今年度の期首残高とする方法(推奨)

 

1.会計期間について

新規作成時の会計年度は4月1日~翌年3月31日(個人事業用データの場合は1月1日~12月31日)とします。

 

2.期首残高について

前会計年度の期末(上記例の場合、法人:3月31日、個人:前年12月31日)現在の各科目残高を「初期」→「基本」→「勘定科目設定」に入力します(期首残高入力が必要な科目は貸借対照表科目のみとなります)。

なお個人事業用データの場合、「401:元入金」欄には前年12月31日現在の金額を以下の計算式で算出された金額をご入力ください。

image003.gif

 

前年度末の「事業主貸」「事業主借」「青色申告特別控除前の所得金額」は次年度において、期首残高は0円からのスタートとなりますので、ご注意ください。

 

3.仕訳入力について

9月30日までの取引内容について

導入月の前月まで(法人用データの場合は4月~9月まで、個人用データの場合は1月~9月まで)の、各月の各勘定科目の発生額を「日常」→「帳簿」→「振替伝票入力」で入力します。

 

例:税理士より受け取った4月の合計残高試算表が以下の金額だった場合

image004.jpg

 

4月~9月(個人用データの場合は1月~9月まで)の各月の試算表を見ながら、借方・貸方の発生金額のみを「日常」→「帳簿」→「振替伝票入力」より入力してください。

なお、借方・貸方両方に税区分がある勘定科目は同一行に登録することができませんので一段ずらして入力します。

image005.gif

 

導入月(上記例では9月)までの各月の発生金額を「日常」→「帳簿」→「振替伝票入力」より入力し、貸借の発生金額に差額が無いことを確認の上、画面上部の[登録]ボタンをクリックします。

これにより、各月の合計残高試算表を見ることが可能となります。また、決算書も正しく出力されます。

 

10月1日からの取引内容について

取引が発生する都度、「日常」→「帳簿」→「簡易振替伝票入力」や「振替伝票入力」「出納帳入力」「元帳」「らくらく仕訳入力」より通常入力を行ってください。

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています