ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.農業簿記の入金データを販売管理へ取り込む方法

 

 

A.

「農業簿記」で入力された仕訳(貸方科目が売掛金の仕訳のみ)を表示し、その仕訳を「販売管理」の入金データとして取り込み、入金伝票を作成することが出来ます。下記の手順で操作を行います。

<注意点>

・「農業簿記」の連動するデータフォルダの設定は、「初期」-「会社情報設定」の「その他」タブ内で設定を行います。

・この処理を行っているときは「農業簿記」を起動しないようにしてください。また、この処理を何回も行うと入金伝票が重複します。

・この処理の前には農業日誌側で「ファイル」-「データ保存(バックアップ)」を行ってください。

・借方:貸方が1対1以外の仕訳は、取り込むことができませんので注意してください。

 

<操作手順>

 

1.「日次」-「簿記入金データ取込」を開きます(メニューバーからは「入金」-「農業簿記・会計王入金データ取込」)。農業簿記・会計王入金データ取込表示条件画面が表示されます。

取り込む仕訳を表示させる条件を指定し、[設定]ボタンをクリックします。

image001.jpg

 

■仕訳表示の条件(貸方科目指定):「農業簿記」で任意に売掛金科目を変更している場合は、ここで選択します。補助科目がある場合は選択すると、その補助科目の仕訳のみ表示されます。

■入金区分ごとの勘定科目:各入金区分と「農業簿記」の勘定科目を対応させます。取り込まれた仕訳にその科目があった場合、ここで対応させた入金区分が入金区分欄に表示されます。

■得意先コードの自動セット:農業簿記・会計王入金データ取込画面で、入金伝票に入れる「得意先コード」の設定を選択します。

・自動セットしない:こちらを選択した場合、得意先コードはこの後の、農業簿記・会計王入金データ取込画面で、任意で入力してください。

得意先登録で設定されている農業簿記・会計王の売掛金科目を見て得意先コードを自動セットする:これを選択した場合、得意先登録で設定した売掛金科目がある仕訳には、その得意先コードが表示されます。同じ売掛金科目を持つ得意先がいた場合は、得意先コードが若い方が表示されますので、農業簿記・会計王入金データ取込画面で任意に選択してください。

任意の得意先コードですべてセットする:すべて同じ得意先コードにしたい場合選択します。任意の得意先コードを選択します。

 

2.指定した条件で、「農業簿記・会計王入金データ取込」画面が表示されます。

この画面は表示条件で抽出された「農業簿記」の仕訳の表示と、その仕訳をどのように入金伝票に置き換えるかの設定を行います。

※再び条件を指定する場合は、[表示条件]ボタンをクリックします。

取込表示条件画面が表示されます。条件を指定し直し、[開始]ボタンをクリックします。

 

image002.gif

 

■取込:チェックマークがついている仕訳だけ取り込みます。最初は表示される仕訳すべてにチェックマークがついていますので、取り込みたくない仕訳は、取込のチェックマーク部分をクリックしてはずします。取り込まれた入金伝票番号は、自動的に「最大値+1」で付番されます。

■入金区分:表示条件で設定された入金区分が自動表示されます。入金区分を変更する場合はドロップダウンリストから選択します。入金伝票として取り込んだとき、この入金区分となります。

■得意先コード:入金伝票に入れる得意先の得意先コードを指定します。必ず入力してください。表示条件指定ダイアログの「得意先コードの自動設定」で選択した方法により得意先コードが表示されています。「自動セットしない」を選択していた場合はコードは表示されていませんので得意先を選択します。

■入金内容:入金区分に基づいて自動的に以下のように設定されますが、変更も可能です。

現金→現金入金、小切手→小切手、振込→振込入金、手形→手形入金、相殺→相殺、振込→振込手数料、値引→値引、その他→その他入金

 

3.「販売管理」に入金伝票として取り込んでよろしければ、右上の[取込]ボタンをクリックします。取り込みしたくない伝票には、取込欄のチェックを外してから[取込]ボタンをクリックしてください。

image003.jpg

 

「入金伝票入力」画面で取り込みした伝票を確認できます。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています