ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.予約伝票入力

 

 

A.

「予約伝票」は、得意先からすぐに売上にならない発注を受けた場合や、予め発生するであろう売上見込みを事前に管理する場合に使用します。

実際に売り上げた場合には、予約伝票を売上伝票に変更することができます。

※ 予約伝票は売上としても計上されませんし、請求書にも反映されません。

 

<操作手順>

 

1.「日次」-「予約伝票入力」を開きます。

※「予約伝票入力」がメニューにない場合は、「ファイル」-「メニュー設定」で「予約伝票入力」にチェックを付けて[設定]すると表示されます(以下「メニュー設定」画面)。

image001.jpg

 

2.「予約伝票入力」画面が表示されたら、画面上部の得意先の情報から入力していきます。

image002.jpg

 

■伝票区分・・・「予約伝票」が初期表示されます。「小売伝票」「掛売伝票」を選択すると売上伝票として登録され、「売上伝票入力」画面に入ります。

 

■伝票番号・・・売上伝票と共通になっています。既に入力済みの予約伝票の番号を入力すると、その伝票が表示されます。

 

■得意先名・・・得意先名を選択します(既に登録済みの伝票の得意先名は変更できません)。

 

■発送先名・・・得意先(請求先)と発送先が違う場合にのみ指定します。

 

3.明細を入力します。

image003.jpg

 

※区分について

・売上・・・・・・・・・売上の入力を行う場合に選択します。

・商品値引・・・・・1行上の行の商品売上から値引きを行う場合に選択します(上の行が「売上」でない場合は選択できません)。

・合計値引・・・・・見積書の合計金額から値引く入力の場合に選択します。

・立替金・・・・・・・自社が立て替えていた金額を徴収する場合に選択します。

・預り送料・・・・・送料を得意先が負担する場合に選択します。

・その他・・・・・・・上記の6つ以外の売上の場合に選択します。

・メモ・・・・・・・・・見積書に記入したい補足事項を入力する場合に選択します。

・調整消費税・・・消費税を別途入力する場合に選択します。

 

4.明細の入力が完了したら[登録]ボタンをクリックします。

image004.gif

 

※予約伝票を売上伝票に変更する場合

「日次」-「予約伝票入力」を開き、売上に変更したい伝票を表示させます。

「伝票区分」の[▼]より、「小売伝票」または「掛売伝票」に変更します。

image005.jpg

 

[はい]をクリックすると売上伝票に変更されます([いいえ]をクリックした場合は何も変更されません)。

image006.jpg

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています