ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.『○行目の取引データは取引データの組合員コードが「初期設定」と異なります。』と表示された場合

 

 

「取引データ取込」を行う際に『エラー:不定なレコードが存在するデータがあります。』というメッセージが表示される場合があります。

image001.jpg

 

[OK]ボタンをクリックするとエラーの内容が表示されますので、どのような文章が出ているのかを確認してください。

image002.jpg

 

エラーの内容が、上記のように

「○行目の取引データは取引データの組合員コードが「初期設定」と異なります。」

と表示されている場合は、以下の操作手順を行なってください。

 

<操作手順>

 

1.上記で表示された内容から、何行目でエラーになっているのかを確認し、メモに控えます。

 

2.エラー内容の画面は[×]で閉じ、メニューの「取引データ一覧」を開きます。

 

3.上記1.で控えた番号の行に表示されている「組合員コード」を確認します。

こちらに表示されている組合員コードが違っている場合は、JAデータ自体が正しくない可能性がありますので、管轄のJA様にお問い合わせください。

image003.gif

 

4.「取引データ一覧」画面を閉じ、「初期設定」を開きます。

 

5.設定されている組合員コードを確認します。

12桁形式の場合と8桁形式の場合とで、確認する欄が異なりますのでご注意ください。

 

(ア)組合員コードが12桁形式の場合

「組合員コード」の欄を確認します。

image004.jpg

 

(イ)組合員コードが8桁形式の場合

「旧組合員コード」の欄を確認します。

image005.jpg

 

上記画面で設定されている組合員コードが違っている場合は、正しいコードに修正する必要がありますが、既にコードが設定されている場合は変更することができません。

そのため、「れん太郎」をいったんアンインストール(パソコンから削除)し、再度インストールしなおしていただく必要があります。

詳しい手順につきましては、「初期設定」のカテゴリにある「組合員コードを変更する場合」のQ&Aをご参照ください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています