ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.JA科目と農業簿記の科目を対応付けする方法

 

 

「クミカンデータ転送システム」を運用するうえで、必ずJA科目と農業簿記の科目の対応付けが必要となります。

取引データ取込の際、この科目の対応に従って、農業簿記の仕訳が作成されます。

 

<操作手順>

 

1.メニューバーの「JA科目設定」をクリックします。

 

2.対応付けが必要なJA科目をクリックして(黒枠で囲まれた状態)、右上の[修正]ボタンをクリックします。

例:ここでは例として「コード:640 JA科目名称:玉葱」の対応付けを行なってみます。

image001.jpg

 

3.「JA科目設定」画面が開きますので、対応簿記科目の[▼]をクリックします。

ドロップダウンリストより対応付けする科目を選択します(例:500 売上高)。

※農業簿記側で補助科目・部門も設定されている場合は、「対応簿記補助」「対応簿記部門」の設定も必要です。

image002.jpg

 

4.対応簿記科目が正しく選択されたことを確認し、[設定]ボタンをクリックします。

image003.jpg

 

5.簿記科目(補助科目・部門)の欄に対応付けした内容が表示されます。

image004.jpg

 

※取引のあるJA科目すべてに簿記科目(補助科目・部門)の対応付けが必要となります。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています