ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.JAデータを農業簿記に取り込む方法

 

 

「クミカンデータ転送システム」をインストール後、JAデータを農業簿記に取り込むには、以下の操作が必要です。

 

※取り込みを行なう前に、「農業簿記」でバックアップを取っておいてください。

※「農業簿記」のバックアップが完了したら、「農業簿記」を終了した状態で以下の操作を行なってください。

 

<操作手順>

 

A.「TAIOU.REN」を貼り付ける方法

取引データとは別に「TAIOU.REN」データ(JA科目データ)をお持ちの場合は、あらかじめ「クミカンデータ転送システム」のフォルダー内に貼り付けておく必要があります。

取引データの取り込みを行う前に、以下の手順にて「TAIOU.REN」の貼り付けを行ってください。

※「TAIOU.REN」がない場合は、「B.JAデータを取り込む方法」に進んでください。

 

1.「コンピューター」や「エクスプローラー」などから「TAIOU.REN」データが入っている場所(USBメモリやCD-ROMなど)を開きます。

 

2.「TAIOU.REN」を右クリックし、[コピー]をクリックします。

image001.jpg

 

3.左枠より、貼り付け先のフォルダーを開きます。

<Windows 8.1/8/7/Vistaの場合>
「(C:)ドライブ」-「ユーザー」-「パブリック」‐「パブリックのドキュメント」‐「Sorimachi」を開きます。

<Windows XPの場合>
「(C:)ドライブ」を開きます。

 

4.「KUMI」フォルダーの上で右クリックし、[貼り付け]をクリックします。

これにより「KUMI」の中に「TAIOU.REN」が保存されます。

image002.jpg

 

※「ファイルのコピー」のメッセージが出た場合は「コピーして置き換える」をクリックしてください。

image003.jpg

 

5.「TAIOU.REN」の保存が終わりましたら、現在開いている画面を閉じます。

 

 

B.JAデータを取り込む方法

 

1.「クミカンデータ転送システム」を起動します。

 

2.初めて起動した場合は以下の画面が表示されます。

(ア)初めて「クミカンデータ転送システムV2」をインストールした場合は、このまま[設定]ボタンをクリックします(「クミカンデータ転送システムV2」の以前のバージョンがインストールされている場合は、[参照]ボタンより「クミカン」のインストールフォルダーを選択します)。

image004.jpg

 

(イ)[設定]ボタンをクリックすると、下記の画面が表示されます。[OK]ボタンをクリックします。

image005.jpg

 

3.次に農業簿記のインストールフォルダーを指定する画面が表示されます。

(ア)[参照]ボタンをクリックします。

image006.jpg

 

(イ)「農業簿記」がインストールされているフォルダーを設定します。

インストールフォルダーの初期値は「C:\Program Files(※1)\Sorimachi\BK9(※2)\」です。

初期値のまま変更していない場合は「C:\」→「Program Files(※1)」→「Sorimachi」→「BK9(※2)」の順に選択し、[OK]ボタンをクリックしてください。

※1 パソコンが64bit版の場合は「Program Files」と「Program Files(x86)」があります。
「Program Files(x86)」を選択してください。

※2 農業簿記9の場合は「BK9」、農業簿記8の場合は「BK8」です。

※3 任意にインストールフォルダーを変更されている場合はそちらをご選択ください。

image007.jpg

 

(ウ)「簿記をインストールしているフォルダ」が入力されたことを確認し、[設定]ボタンをクリックします。

image008.jpg

 

4.「クミカンデータ転送システム」が起動しましたら、メニューの「初期設定」をクリックします。

 

5.各項目を設定します。

image009.gif

 

(ア)「組合員コード」

JA様より割り当てられた組合員コードがあらかじめ設定されています。変更することはできません。

 

(イ)「簿記のフォルダ」

「農業簿記」がインストールされているフォルダーを設定します。

手順3.で設定したフォルダーが自動表示されています。

 

(ウ)「簿記のデータのフォルダ」

何年度のデータに転送するかを設定します。

[参照]ボタンをクリックすると以下の画面が表示されますので、データフォルダーを指定し、[OK]ボタンをクリックしてください。

image010.jpg

 

※1 データフォルダーが不明な場合は農業簿記を起動し、「ファイル」-「データ選択」より確認します。

画面左上の「フォルダー表示」にチェックを付け、取り込みたいデータの「フォルダー」をご覧ください。

image011.jpg

 

(エ)「取引データのファイル名」

取り込むJAデータの場所を指定します。

[参照]をクリックすると以下の画面が表示されます。

(a)JAデータの入っているドライブ、フォルダーを選択します。

(b)取引データ(一般的には「Torihiki.dat」)をクリックします。

(c)[開く]ボタンをクリックします。

image012.gif

 

(オ)「取引データ形式」

JAデータの形式を選択します。ご不明な場合はJA様にご確認ください。

 

※2 農業簿記で設定されている消費税の申告区分が「免税」の場合は、[免税処理]ボタンをクリックし、仮受消費税・仮払消費税をどの科目に転送するかの設定を行なってください。

image013.jpg

 

6.設定が終わりましたら[設定]ボタンをクリックしてください。

image014.jpg

 

7.メニューの「取引データ一覧」を開き、どのような取引データが入っているかご確認ください(このデータが「農業簿記」に取り込まれます)。

image015.jpg

 

8.「取引データ一覧」の内容に間違いがなければ、「農業簿記」にデータを取り込みます。

「取引データ一覧」画面を終了し、メニューの「取引データ取込」をクリックします。

 

9.「取引データのファイル名」が正しいこと、「クミカンの勘定科目」が選択されていることを確認し、[取込開始]ボタンをクリックします。

image016.jpg

 

10.確認メッセージで[OK]ボタンをクリックすると取り込みが開始されます。

image017.jpg

 

11.以下のメッセージが表示されましたら取込完了です。

[OK]ボタンをクリックし、「クミカンデータ転送システム」を終了してください。

image018.jpg

 

12.「農業簿記」を開いてJAデータが取り込まれていることをご確認ください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています