ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.新規にデータを作成する方法

 

 

A.

本システムを使用するには、まずデータを格納する場所(フォルダ)と新規のデータファイルを作成する必要がございます。

 

<操作手順>

1.農業日誌の初回起動時には以下のメッセージが表示されますので〔新規に作成する。〕をクリックします。

image002.jpg

 

上記画面が表示されない場合は「ファイル」→「新規作成」をクリックしてください。

 

2.以下の画面が表示されます。

〔基本情報〕タブ・・・事業所名などの基本情報を入力します。

image004.jpg

 

3.〔データフォルダ〕タブを開きます。

〔データフォルダ〕タブ・・・データをどの場所に作成するかを選択します。

初めてデータを作成する場合はこのままでもかまいませんが、2つ目以降のデータを作成する場合は名称を変更する必要があります。

変更する場合は[参照]ボタンをクリックしてください。

 image006.jpg

 

[参照]ボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。

 

Ⅰ.NS6Pをダブルクリックします。

 image008.jpg

 

Ⅱ.作成フォルダに「C:¥NS6P」と表示されますので、そのあとに続けて「¥」を入力し、さらに新しいフォルダ名を入力してください。

例:「2006DATA5」と入力した場合

 image010.jpg

 

Ⅲ.入力したら[OK]ボタンをクリックします。

 

Ⅳ.元の画面に戻りますので、入力したデータフォルダに間違いがないかご確認ください。

 image011.png

 

4.〔経営品目〕タブを開きます。

〔経営品目〕タブ・・・農業日誌で管理したい品目を選択します。

Ⅰ.「経営部門」から、主として経営している業種を選択します。

Ⅱ.「経営品目」より育成している品目を選択します。

 image014.jpg

 

※複数の経営部門にまたがって、経営品目を選択することはできません。

例:以下のように、複数の経営部門での育成を管理している場合

・野菜の栽培(アスパラガス・イチゴ・インゲン)

・養鶏(採卵鶏)

このような場合、「野菜の栽培」「養鶏」両方を選択することはできませんので、ひとまず品目数の多い「野菜の栽培」を主要な経営部門として選択し、経営品目で細かく選択してください。採卵鶏はあとで品目作成します。

 

※必要な経営品目がない場合は、あとで作成することができます。

 

5.〔メニュー〕タブを開きます。

〔メニュー〕タブ・・・本システムにはたくさんの機能があります。一部の機能だけがあればいいという場合、本システムで使用しない機能をメニューに表示させないことができます。

使用する場合はチェックをON、使用しない場合はOFFにします。

 image016.jpg

 

※あとでメニューバーの「ファイル」→「メニュー設定」からでも変更できます。

 

6.〔作業日誌入力項目〕タブを開きます。

〔作業日誌入力項目〕タブ・・・作業日誌で入力する項目を選択します。作業日誌方式・栽培履歴方式でそれぞれ入力する項目をONに、必要のない項目をOFFにしてください。

 image019.gif

 

※あとで作業日誌内のメニューバーの「ツール」→「オプション」→「入力明細」タブからでも変更できます。

 

7.〔通信設定〕タブを開きます。

〔通信設定〕タブ・・・携帯電話から日誌の入力を行なう場合に設定します。この設定には「ソリマチクラブ」への加入と、ユーザID・パスワードの取得が必要です。まだID等を取得していない場合は、後でも設定ができますので、何も入力しなくてもかまいません。

※なお、「気象通信」のサービスは2005年10月をもって終了とさせていただきました。

 image021.gif

 

8.すべての入力が終わりましたら[実行]ボタンをクリックします。

 image023.jpg

 

9.以下のメッセージは[OK]ボタンをクリックします。

 image025.jpg

 

※以下のメッセージが表示された場合は、指定している場所に既に農業日誌のデータが存在しています。このまま[はい]をクリックすると、そのデータに上書きされます。別のデータとして作成する場合は[いいえ]をクリックし、3.に戻ってフォルダを作成してください。

 image026.png

 

10.以下のメッセージが表示されましたら作成完了です。[OK]ボタンをクリックしてください。

 image029.jpg

 

[OK]ボタンをクリックするとカレンダー画面が表示されます。この画面が本システムのメイン画面となります。ここから作業日誌や販売管理などを起動し、入力を進めていただきます。

 image031.jpg

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています