ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.農業日記で日付を入力しても元に戻ってしまう

 

 

「日常」→「帳簿」→「農業日記」で入力日付を修正しても、日記の記入欄に移動すると、日付が入力前の日付に戻ってしまう場合があります。

image001.jpg

 

下記に、原因として考えられることと対処方法をご案内いたしますので、それぞれの内容についてご確認ください。

 

<原因>

 

A.選択中のデータの会計期間よりも、先の日付を入力しようとしている。

「農業日記」で入力できる日付は、現在選択中のデータの会計期間と、パソコン本体に設定されている日付(システム日付)が関係します。

そのため、年度が変わった場合や、過去年度のデータを選択している場合は注意が必要です。

下に、2つの例と、それぞれの場合に入力できる日付範囲をご案内します。

現在選択中のデータの会計期間と、システム日付を当てはめて、入力範囲を超えた日付を入力していないかをご確認ください。

 

1.会計期間が「H.28/01/01~H.28/12/31」でシステム日付が「H.28/12/21」の場合

[今 年]H.28/01/01~H.28/12/31 ←会計期間の末日までの入力ができます。

[昨 年]H.27/01/01~H.27/12/31

[一昨年]H.26/01/01~H.26/12/31

 

2.会計期間が「H.28/01/01~H.28/12/31」でシステム日付が翌年の「H.29/01/21」の場合

[今 年]H.29/01/01~H.29/03/31 ←会計期間の翌年の3ヶ月分のみ入力ができます。

[昨 年]H.28/01/01~H.28/12/31

[一昨年]H.27/01/01~H.27/12/31

 

※[今年]の日付欄に「H.29/04/01」以降を入力するには、データの会計期間を「H.29/01/01~H.29/12/31」にする必要があります。

会計期間を更新するには、「ファイル」→「データ次年度更新」を行ってください。

 

 

B.キーボードの[NumLock]が外れているため、数字が入力できない。

キーボードのテンキーの周辺をご覧いただくと「NumLock」キーがあります。

こちらのキーを押していただくことで「NumLock」がオンに切り替わります。

※お使いのキーボードによって「NumLock」という表記が異なる場合があります。

※「NumLock」キーが見つからない場合は、お使いのパソコンのメーカー様にお問い合わせください。

 image002.jpg

 

 

C.実在しない日付を入力している。

1.30日までの月なのに、31日と入力していませんか?(H.28/04/31、H28/09/31など)

2.うるう年でないのに、2月29日と入力していませんか?(H.29/02/29など)

 

 

D.上記A~Cに該当しない場合。

上記A~Cに該当しない場合は、日付欄の入力を以下の方法で行ってどうかご確認ください。

 

1.日付欄をダブルクリックします。日付が反転します。

 image003.jpg

 

2.最初に元号の英字(平成=H)、その後に年月日を2桁ずつ入力します。

【例】平成28年7月1日の場合は、「 H280701 」と入力します。記号「 . 」「 / 」は不要です。

 image004.jpg

 

3.[Enter]キーを押下し、日付が入力されるかご確認ください。

image005.jpg

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています