ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.入力済みの「内税/外税」仕訳を一括で「税込み」仕訳に置換する方法

対象製品
農業簿記10 以降
農業簿記10JAバージョン 以降

 

 

日々入力している伝票の税処理欄に「内」や「外」のマークが入っていると、ソフト上では“税抜経理”として処理されるため、青色申告決算書は税抜表示されます。

すでに入力済みの伝票を税込に変えるには以下の操作を行ってください。

 

※この作業を行う前に、必ず「データ管理」「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」より、データのバックアップをお取りください。

 

A.事前準備

 

「初期」→「基本」→「消費税情報設定」を開き、現在の設定内容を確認します。

〔免税〕に設定されていると置換操作ができませんので、一時的に〔簡易課税〕または〔原則課税〕のいずれかに変更しておきます。

変更した場合は[設定]ボタンをクリックしてください。

image001.jpg

 

 

B.操作手順

 

例:「外税」の仕訳を「税計算なし/税込」の仕訳に変更する場合

 

1.「日常」→「帳簿」→「仕訳日記帳」を開きます。

 

2.画面右上の[置換]ボタンをクリックします。

image002.jpg

 

3.以下のメッセージは[OK]ボタンをクリックします。

※データのバックアップがまだ済んでいない場合は[キャンセル]ボタンをクリックし、

「データ管理」→「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」にて、バックアップを行ってください。

image003.jpg

 

4.税処理欄の置換前に「外税」、置換後に「税計算なし」を設定します。

image004.jpg

 

5.設定が終わりましたら[開始]ボタンをクリックします。

 

6.置換前の条件に該当する伝票が表示されますので、[この仕訳、及び以降の置換候補の伝票を全て一括置換する]をクリックします。

image005.jpg

 

7.以下の確認画面で[OK]ボタンをクリックすると、置換処理が始まります。

image006.jpg

 

8.以下の画面が表示されましたら置換作業の完了です。

「帳簿」→「簡易振替伝票入力」等を開き、置換後の税処理に変更されていることをご確認ください。

image007.jpg

 

A.事前準備の際に「免税」から「簡易課税」または「原則課税」に変更した場合は、再度「初期」→「基本」→「消費税情報設定」にて「免税」の設定に戻しておいてください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています