ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.入力済みの仕訳を一括で変更する方法

 

 

既に入力済みの仕訳を、ある一定の条件にまとめて変更する必要がある場合には、「日常」→「帳簿」→「仕訳日記帳」画面より[置換]という操作を行います。

 

※この作業を行う前に、必ず「データ管理」→「保存・復元」→「データ保存(バックアップ)」より、データのバックアップをお取りください。

 

<操作手順>

 

例:既に「普通預金(みかん銀行)」で入力している仕訳を「普通預金(JA預金)」に変更する場合

 

1.「日常」→「帳簿」→「仕訳日記帳」を開きます。

 

2.画面右上の[置換]ボタンをクリックします。

 image001.jpg

 

3.「確認」画面が表示されましたら、[OK]ボタンをクリックします。

 image002.jpg

 

4.「置換指定」画面にて以下の設定を行います。

 

(1)勘定科目欄の置換前と置換後に「普通預金」を設定します。

 

(2)補助欄の置換前に「みかん銀行」、置換後に「JA預金」を設定します。

 

(3)[開始]ボタンをクリックします。

 image003.gif

 

5.確認画面が表示されます。確認画面の下に「置換条件」に該当する仕訳が抽出されて表示されますので、任意のボタンをクリックしてください。

 image004.jpg

 

(ア)現在選択されている(黒枠で囲まれている)仕訳のみ置換後の条件に置換をする場合は、[この仕訳を置換して、次の置換候補を選択する]ボタンをクリックします。

 image005.gif

 

※置換条件によって、置換後、借方・貸方両方に税区分がつく仕訳になる場合、以下のメッセージが表示されます。

[OK]ボタンをクリックし、再度設定を見直してください。

 image006.jpg

 

(イ)現在選択されている(黒枠で囲まれている)仕訳の置換をしない場合、[この仕訳は置換せず、次の置換候補を選択する]ボタンをクリックします。

次の候補に黒枠が移動します。

 

(ウ)現在抽出されている仕訳を一括で置換後の条件に置換をする場合は、[この仕訳、及び以降の置換候補の伝票を全て一括置換する」ボタンをクリックします。

※一括置換処理中は伝票量に応じて時間がかかる場合があります。

処理中に中断しますとデータに不整合が起きますので、中断しないようご注意ください。

 

※以下のメッセージが表示されましたら、[OK]ボタンをクリックします。

 image007.jpg

 

※正常に置換処理が完了出来ない場合、以下のような画面が表示されます。

この場合[OK]をクリックし、再度置換条件や仕訳内容の見直しを行ってください。

 image008.jpg

 

(エ)置換を中止する場合は、「置換を中止する」ボタンをクリックします。

 

6.正しく置換が完了しますと以下のメッセージが表示されますので[OK]ボタンをクリックします。

 image009.jpg

 

7.画面左上の[検索]の[▼]をクリックし、「全表示」に切り替え、置換結果をご確認ください。

image010.jpg

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています