ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.決算時の処理(個人事業のお客様)

 

 

個人事業者が決算時に行うべき、確認作業や操作方法について、下記の3つの手順でご案内します。

 

A.決算に関する「決算整理仕訳」を入力する

B.青色申告決算書の印刷に必要な情報を入力する

C.青色申告決算書を印刷する

 

<操作手順>

 

A.決算に関する「決算整理仕訳」を入力する

決算に関する「決算整理仕訳」を入力する際は、「9:決算取引」の区分を選択することをお勧めします。

「9:決算取引」を選択することで、日常の取引とは別に「決算整理仕訳」のみの金額集計や仕訳の検索ができ、大変便利です。

image001.gif

 

1.電気料や電話代のように、12月分の支払いが翌年1月以降になる取引について、未払いの仕訳を入力する

12月分の公共料金の支払いや、その他の経費で12月中に支払いが済んでいない取引についても、当期の経費にすることができますので、未払いの仕訳を入力しましょう。

 

【例】12月分の通信料85,000円が決算日現在未払いである。

(ア)「決算」→「決算整理」→「出納帳入力」を開きます。

(「日常」→「帳簿」→「出納帳入力」からも開くことができます)

(イ)出納帳の種類を「経費帳」に(下図:a)、勘定科目を「通信費」に設定します(下図:b)。

image002.gif

 

(ウ)取引を「9:決算取引」にし、相手科目に「未払金」を選択、「経費金額」に12月分の通信費を下の画面のように入力します。

image003.jpg

 

2.農産物や農産物以外の在庫があれば、棚卸の仕訳を作成する

前年度末や今年度末に農産物や材料の在庫がある場合は、棚卸資産の仕訳を作成しましょう。

処理方法には、「簡易な棚卸表で入力する(簡易形式)」と「詳細な棚卸表で入力する(従来形式)」の2通りありますが、ここでは前者の「簡易な棚卸表で入力する(簡易形式)」の処理方法について説明します。

※「簡易な棚卸表で入力する(簡易形式)」は、登録できる品目件数に制限があります。

登録したい品目数が下の登録制限数よりも多い場合は「詳細な棚卸表で入力する(従来形式)」をご利用ください。

「農産物」タブ・・・田畑:6件、果樹:3件、特殊施設:3件、畜産その他:3件

「農産物以外」タブ・・・未収穫農産物:5件、販売用動物:5件、飼料・肥料等:7件、その他:4件

 

(ア)「決算」→「自動仕訳」→「棚卸仕訳作成」を開きます。

(「資産台帳」→「棚卸資産」からも開くことができます)

(イ)「簡易な棚卸表で入力する(簡易形式)」を選択し、「農産物」タブをクリックします。

※今まで「詳細な棚卸表で入力する(従来形式)」をご利用で、「簡易な棚卸表で入力する(簡易形式)」に変更する場合は、念のために「データ保存(バックアップ)」を取ってから変更してください。

(ウ)作物等の名称、農産物の期首棚卸高、販売金額、家事消費金額、事業消費金額、農産物の期末棚卸高を入力します。

image004.jpg

 

(エ)続いて「農産物以外」タブをクリックし、農産物以外の棚卸資産も同様に処理を行います。

image005.jpg

 

(オ)「仕訳作成の科目設定をする」にチェックマークを付けて科目設定画面を表示し、「農産物」「農産物以外」タブともに、棚卸資産ごとの勘定科目を設定します。

※補助科目・部門が設定されている勘定科目は、補助科目・部門も指定してください。

(カ)設定後、画面右上の[仕訳作成]ボタンをクリックします。

image006.jpg

 

(キ)仕訳を作成したい転送対象にチェックマークを付けて、画面右側の[作成開始]ボタンをクリックします。

image007.jpg

 

(ク)確認メッセージが表示されたら仕訳作成は完了です。

[OK]ボタンをクリックすると「収入金額の内訳・棚卸表」に戻ります。

image008.jpg

 

(ケ)自動作成された仕訳には棚(image009.jpgimage010.jpg)のマークが表示されます。

image011.jpg

 

※「棚卸資産」について詳しくは、「棚卸資産の利用方法」のQ&Aをご参照ください。

 

3.事業で所有している資産については、減価償却費の仕訳を作成する

「資産台帳」→「減価償却資産登録」に登録されている固定資産については、減価償却費の仕訳を転送しましょう。

 

(ア)「決算」→「自動仕訳」→「減価償却費仕訳作成」を開きます。

(「資産台帳」→「減価償却費仕訳作成」からも開くことができます)

(イ)画面右上の「仕訳作成」ボタンをクリックします。

image012.jpg

 

(ウ)画面上側の「仕訳作成」タブをクリックし、仕訳の作成対象を選択します。

作成方法方法(年間合計を作成する)、償却費計上方法(直接法)、作成対象(減価償却費の仕訳を作成する、一括償却資産の仕訳を作成する、減価償却費)などを指定します。

image013.jpg

 

(エ)画面上側の「勘定科目設定」タブをクリックし、仕訳に使われる勘定科目を確認します。

補助科目が設定されている勘定科目については、補助科目も選択します。

image014.jpg

 

(オ)画面下側の[作成開始]ボタンをクリックすると、自動仕訳が作成されます。

作成された仕訳にはトラック(image015.jpg)のマークが表示されます。

image016.jpg

 

※減価償却費仕訳作成について詳しくは、「減価償却費仕訳作成の方法」のQ&Aをご参照ください。

 

4.事業で所有している育成資産については、育成費用の仕訳を転送する

「資産台帳」→「育成資産管理」に登録されている育成資産については、育成費用の仕訳を作成しましょう。

 

(ア)「決算」→「自動仕訳」→「育成費用仕訳作成」を開きます。

(「資産台帳」→「育成費用仕訳作成」からも開くことができます)

(イ)画面右上の[仕訳作成]ボタンをクリックします。

image017.jpg

 

(ウ)仕訳作成する育成資産種別を選択します。種別ごとに作成する仕訳の科目を設定してください。

(エ)画面右側の[作成開始]ボタンをクリックすると、仕訳が帳簿に自動作成されます。

image018.gif

 

転送された仕訳には牛(image019.jpg)のマークが表示されます。

image020.jpg

 

※育成費用仕訳転送について詳しくは、「育成費用仕訳作成の方法」のQ&Aをご参照ください。

 

5.事業分の経費の中に家計分が含まれている場合は、家計分を差し引く仕訳を作成する

事業の経費の中には家計分の支出を含むことはできません。

含まれている場合は、家計分を差し引く仕訳を作成しましょう。

 

【例】通信費の期末残高(212,100円)の内、50%が家計で使用した通信費の場合

(ア)「決算」→「家事関連費計算表」を開きます。

(イ)「通信費」科目をクリックし(下図:a)、画面上側の[修正]ボタンをクリックします(下図:b)。

image021.gif

 

(ウ)家計で使用した割合、または金額を設定します(下図:c)。

また、「仕訳転送時の相手方(借方)科目」が「事業主貸」となっていることを確認し(下図:d)、画面上側の[登録]ボタンをクリックします(下図:e)。

image022.gif

 

(エ)画面上側の[仕訳]ボタンをクリックすると、仕訳が帳簿に自動作成されます。

image023.jpg

 

自動作成された仕訳には家(image024.jpg)のマークが表示されます。

部門設定をしている場合は、自動作成された仕訳において該当する部門を選択してください(下図:f)。

image025.jpg

 

6.消費税納税額を計算し、仕訳を入力する

消費税の課税事業者の場合は、納める消費税額を計算し、仕訳を入力しましょう。

 

(ア)「申告」→「消費税」→「消費税申告書作成」を開きます。

(イ)集計期間に「1~12」を入力し、画面下側の[集計開始]ボタンをクリックします。

(ウ)「消費税申告書設定」が表示されますので、画面下側の[設定]ボタンをクリックします。

(エ)消費税申告書が表示されますので、26欄「消費税及び地方消費税の合計」の金額を確認し、メモに控えます。

image026.jpg

 

(オ)画面上側の[終了]ボタンをクリックし、「集計分析」→「集計」→「合計残高試算表」を開きます。

(カ)集計範囲をドラックして「1~決」を選択します。

(キ)「仮払消費税」「仮受消費税」の残高を確認し、メモに控えます。

image027.jpg

 

(ク)「決算」→「決算整理」→「振替伝票」(または「日常」→「帳簿」→「振替伝票入力」)を開き、「決算取引」にチェックマークを付けます。

消費税の仕訳を入力後、画面上側の[登録]ボタンをクリックして伝票を登録します。

このとき、勘定科目左の「税(消費税区分)」はすべて「0 不課税(空欄)」を選択します。

image028.jpg

 

※税込経理の場合は、「(借方)租税公課/(貸方)未払金」の仕訳を入力します。

 

(ケ)「集計分析」→「集計」→「合計残高試算表」を開き、集計範囲をドラッグして「1~決」を選択します。

「仮払消費税」「仮受消費税」の残高が0円になっていることを確認してください。

image029.jpg

 

 

B.青色申告決算書の印刷に必要な情報を入力する

青色申告決算書の印刷に必要な情報を入力します。

 

1.「申告」→「決算書」→「青色申告決算書入力(農業用)」を開きます。

 

2.「住所氏名等」「収入金額の内訳・雑収入・専従者給与」「農産物以外の棚卸高の内訳」「雇人費」「地代・利子割引料」「税理士等・貸倒引当金」「本年中における特殊事情」の各タブの画面で、それぞれ必要事項を入力します。

※青色申告決算書入力(農業用)について詳しくは、「農業用青色申告決算書に印刷する項目の入力方法」のQ&Aをご参照ください。

 

3.農業以外の事業収入がある場合は、「申告」→「決算書」→「青色申告決算書入力(一般用)」や、「申告」→「決算書」→「青色申告決算書入力(不動産用)」の画面でも入力をおこなってください。

 

※青色申告決算書入力(一般用)について詳しくは、「一般用青色申告決算書に印刷する項目の入力方法」のQ&Aをご参照ください。

 

※青色申告決算書入力(不動産用)について詳しくは、「不動産用青色申告決算書に印刷する項目の入力方法」のQ&Aをご参照ください。

 

 

C.青色申告決算書を印刷する

青色申告決算書の印刷に必要な情報を入力したら、青色申告決算書を印刷します。

 

1.「申告」→「決算書」→「青色申告決算書印刷」を開きます。

 

2.画面上側の対象決算書で「農業用青色申告決算書」を選択し(下図:a)、画面右側の[書式設定]ボタンをクリックします(下図:b)。

image030.gif

 

 3.「帳票タイプ」を下記の中から選択し(下図:c)、[設定]ボタンをクリックします(下図:d)。

(ア)「A4よこ帳票(農業所得用)」・・・白紙用紙に印刷し、合計残高試算表の金額が青色申告決算書に反映されているか、また印刷位置にズレが無いかを確認する場合はこちらを選びます。

(イ)「OCR用紙(農業所得用)」・・・税務署提出用の用紙に印刷する場合は、こちらを選びます。

(ウ)「A4よこ帳票(農業所得用)モノクロ」・・・白紙用紙に印刷したものを税務署に提出する場合は、こちらを選びます。

image031.gif

 

4.画面右側の[プレビュー]ボタンにて印刷イメージを確認後、印刷を実行してください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています