ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.育成資産管理の流れ(基準金額表)

 

 

育成費用の計算方法には「基準金額表より」と、「肥料・飼料等の比率表より」の2種類があります。

ここでは、「基準金額表より」育成費を計算する場合の設定方法をご案内します。

 

<操作手順>

 

1.育成資産種別の登録

 

(1)「資産台帳」→「育成資産管理」を開きます。

 

(2)[種別]ボタンをクリックすると「育成資産種別登録」画面が表示されますので、[新規]ボタンをクリックします。

 

(3)コード(通常は初期値のままで構いません)、資産種別(牛馬や果樹の種類)等、必要事項を入力します。

a.資産区分・・・「将来償却資産となる牛馬等の育成資産」または「将来償却資産となる果樹等の育成資産」を選択します。

b.育成費用の計算方法・・・「基準金額表より」を選択します。

c.齢数単位・・・「月齢」または「年齢」を選択します。

d.日数の考慮・・・月齢を選択した場合、日数を考慮するかどうかを選択することができます。

 

≪日数を考慮しない場合≫

7月1日生まれも7月18日生まれも9月導入は2月齢

 

≪日数を考慮する場合≫

 7月1日生まれ、9月15日導入の取得時月齢は2月齢

 7月18日生まれ、9月15日導入の取得時月齢は1月齢

 image001.gif

 

(4)設定が完了したら、画面右上の[終了]ボタンをクリックします。

 

 

2.基準金額表の入力

 

(1)登録した資産種別を選択し、[基準]ボタンをクリックします。

 image002.jpg

 

(2)上記1-(3)で「月齢」を選択している場合は「表示形式」で累計金額式か非累計金額式かを選択します。「累計金額式」と「非累計金額式」の違いは下の例をご参照ください。

 image003.gif

image004.gif

 

(3)基準金額表を作成します。

 image005.gif

 

(4)設定が完了したら、画面右上の[終了]ボタンを2回クリックします。

 

3.育成資産の登録

 

(1)画面右上の[新規]ボタンをクリックし、内容を登録します。

image006.gif

 

(2)画面右上の[登録]ボタンをクリックします。

 

 

4.育成費用の仕訳作成

 

(1)育成資産の登録ができましたら、「決算」→「自動仕訳」→「育成費用仕訳作成」を開き、右上の[仕訳作成]ボタンをクリックします。

 

(2)転送仕訳に付箋を付けるかどうかを選択します。

 

(3)転送する育成資産種別を選択します。

 

(4)勘定科目は、「(借方)育成中果牛」、「(貸方)育成費振替」を選択するのが一般的です。

※ただし、この科目で良いかどうかにつきましては、恐れ入りますが所轄の税務署、または関与税理士様にご確認ください。

  

(5)設定ができたら[作成開始]ボタンをクリックすると、仕訳が転送されます。

image007.jpg

育成資産を購入した仕訳は転送することができないため、「帳簿」画面から直接入力する必要があります。

一般的には「借方:素畜費(牛馬の場合)」、「貸方:現金(支払い科目)」になるかと思われますが、どの科目を使用すべきかにつきましては、所轄の税務署または関与税理士様にご相談ください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています