ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.資産登録時に「資産区分に指定されている勘定科目と異なる勘定科目が指定されました」と表示される場合

 

 

「資産台帳」→「減価償却資産登録」にて、新規取得資産などを登録する際、下のメッセージが表示される場合があります。

image001.png

このメッセージは、下に記載する2点の勘定科目が一致していない場合に表示されます。

正しい勘定科目に統一することで、メッセージは表示されなくなります。

※メッセージが表示されたままでも、[はい]ボタンをクリックすれば登録することはできます。

 

<操作手順>

 

A.減価償却資産ごとの勘定科目

 

1.「資産台帳」→「減価償却資産登録」を開きます。

(「初期」→「基本」→「減価償却資産登録」からも開くことが出来ます)

 

2.該当資産の登録修正画面の右上にある「勘定科目」を確認します。

 image002.png

 

 

B.資産区分ごとの勘定科目

 

1.「資産台帳」→「減価償却資産登録」を開きます。

 

2.該当資産の登録修正画面「資産区分」の右にある[変更]ボタンをクリックし、

表示された「資産区分変更」画面で[科目設定]ボタンをクリックします。

 image003.jpg

 

3.資産区分ごとに設定されている勘定科目を確認します。

 image004.png

 

A.減価償却資産ごとの勘定科目B.資産区分ごとの勘定科目が異なっていると、登録の際にメッセージが表示されます。

勘定科目が一致するように、どちらかの設定を変更してください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています