ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.減価償却資産(3年一括償却)を登録する方法

 

 

20万円未満の固定資産については「3年一括償却」(3年間で全額償却)することができるようになっています。

対象となる固定資産の登録方法は下記をご参照ください。

※登録する固定資産が「3年一括償却」に該当する資産かどうかは、所轄の税務署または関与税理士様にご確認ください。

 

<操作手順>

 

1.「資産台帳」→「減価償却資産登録」を開きます。

 

2.新規に登録する場合は[新規]ボタンをクリックします。

既存の資産を修正する場合は該当の資産を選択し[修正]ボタンをクリックします。

 

3.3年一括償却に該当する資産の登録を行います。

例:平成XX年6月1日に180,000円のパソコンを購入した場合

 

(a)償却方法・・・「均等償却」を選択し、「少額資産一括償却」にチェックをつけます。

(b)耐用年数・・・「3年」と入力します。

(c)普通償却額・・・取得価額を入力すると、取得価額の1/3の金額が自動表示されます。

image001.gif

※そのほかの項目は新規取得の登録と同様です。

 

また、3年一括償却で登録された固定資産の仕訳を自動する場合は、「決算」→「自動仕訳」→「減価償却費仕訳作成」で下記のように設定します。

黒枠で囲まれている項目は今回の転送時に必要な項目ですので、必ず設定の見直しを行ってから[作成開始]ボタンをクリックしてください。

image002.jpg

※〔勘定科目設定〕タブはどの勘定科目に仕訳を転送するのかを選択します。

補助科目管理をしている勘定科目を選択した場合は、必ず補助科目も指定してください。

 image003.jpg

 

仕訳転送後は「日常」→「帳簿」→「簡易振替伝票入力」を開き、仕訳が作成されていることをご確認ください。

image004.jpg

※上記方法で転送を行った場合、購入時の仕訳と償却費の仕訳が転送されます。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています