ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.元入金の期首残高入力について

 

 

農業簿記を導入するにあたり、「期首残高入力」を行いますが、個人事業者様の場合には法人事業の『資本金』にあたる『元入金』を『資本の部』→『元入金』に入力しなければなりません。

農業簿記では、初年度のみ前年度の青色申告決算書の数字に基づいて、元入金の計算をする必要がございます(次年度からは次年度更新を行うことにより、元入金の期首金額は自動計算されます)。

 

例:前年の所得税青色申告決算書

                                                  =貸借対照表=

      < 資 産 の 部 >                      < 負債・資本の部 >

 image001.gif

 

【青色申告特別控除前の所得金額】【元入金】【事業主借】【事業主貸】=【元入金】

       (1)        (2)   (3)    (4)

 

上記の例にあてはめますと、

13,662,992+30,000,000+0-326,532=43,336,460 となります。

これを「初期」→「基本」→「勘定科目設定」の元入金の期首残高に入力してください。

 

※1月1日における「事業主貸」「事業主借」「控除前所得」の金額は0円からのスタートとなります。

 

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています