ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.お決まり仕訳、振替伝票事例の消費税率を変更する方法

 

 

「お決まり仕訳」や「振替伝票事例」には、消費税率の情報も保存されています。

そのため消費税率が改正された場合は、「お決まり仕訳登録」「振替伝票事例登録」画面にて消費税率を変更する必要があります。

 

<操作手順>

 

※※ 注 意 ※※

・仕訳を入力する際に「お決まり仕訳」「振替伝票事例」を利用していない方は、この操作は不要です。

・この操作では、すべての「お決まり仕訳」または「振替伝票事例」を対象として一括で税率を変更します。 あらかじめ「データ保存(バックアップ)」をお取りになることをお勧めいたします。

・この操作では、「お決まり仕訳」または「振替伝票事例」を利用して入力した、入力済みの仕訳には影響しません。

・例として「お決まり仕訳」の消費税率を変更する方法をご案内いたします。「振替伝票事例」も同様の操作で変更することができます。

 

1.「初期」→「詳細」→「お決まり仕訳登録」または「振替伝票事例登録」を開きます。

現在設定されている消費税率をご確認ください。

 image001.jpg

 

2.画面右上の[税率変更]ボタンをクリックします。

 image002.jpg

 

3.確認メッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。

 image003.jpg

 

4.税率変更画面が表示されます。

現在設定されている消費税率(1.で確認した税率)と、変更後の消費税率を設定します。

※「消費税額も合わせて計算する」について 「内税」「外税」で金額を設定している場合は消費税額も登録されています。 「お決まり仕訳」「振替伝票事例」に登録されている消費税額を、新しい税率で再計算する場合はチェックを付けてください。

image004.jpg 

 

5.[実行]ボタンをクリックします。

 

6.確認メッセージが表示されたら操作完了です。[OK]ボタンをクリックし、税率が変更されていることをご確認ください。

 image005.jpg

 

※以上の設定は、これから「お決まり仕訳」「振替伝票事例」を利用して入力する仕訳について適用されます。

すでに入力済みの仕訳には影響しませんのでご注意ください。

すでに入力済みの仕訳については、帳簿入力画面より直接税率を変更してください。

 

 

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています