ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.テキストデータから組立商品を取り込む方法

対象製品
販売王18販売・仕入・在庫以降

 

 

組立商品を1件ずつ登録することがお手間な場合、テキストデータから取り込むことで、一括で組立商品を登録することが可能です。

今回は、商品登録画面で組立商品を1つ登録し、これを出力したファイルをベースに、加工を行い、取り込むことで、一括で組立商品を取り込みたいと思います。以下の操作方法をご確認ください。

 

※念のためにバックアップを取ってから、以下の操作をお試しください。

 

 

A. 商品登録で組立商品を登録する

 

商品登録画面で組立商品を1つ登録します。

組立商品を作成する手順は、こちらをご参照ください。

※今回は例として、構成商品「木材」と「ネジ」から、組立商品「本棚」を作成しております。

image001.jpg 

 

 

B.登録した組立商品をテキストデータ出力する

 

1.ダイレクトメニュー「ツール」-「テキストデータ出力」を開きます。

 

2.出力形式名称に「商品台帳(販売王11~形式)」を設定し、画面左下の[出力形式編集]をクリックします。

image002.jpg 

 

3.出力形式編集の画面が表示されますので、画面右下の「従属するデータ」内の「構成商品情報」にチェックを入れます。

image003.jpg 

 

4.画面左下の出力形式の対象項目名が空欄の項目をクリックして選択し、[追加]をクリックします。

image004.jpg 

 

5.入出力形式-項目選択の画面が表示されますので、「従属するデータ」にチェックを入れ、[選択]をクリックします。

※ここでチェックを入れた項目については、出力される項目に追加されます。出力したくない項目についてはチェックを外してください。

image005.jpg 

 

6.出力形式編集の画面に戻り、操作B-5でチェックを入れた項目が対象項目に追加されます。この出力形式名称について保存を行いますので、画面下の[別名保存]をクリックします。

image006.jpg 

 

7.別名保存の画面が表示されましたら、レイアウト名称に任意の名前(例:商品台帳(販売王11~形式)組立商品)を入力し、[保存]をクリックします。

image007.jpg 

 

8.テキストデータ出力の画面に戻りますので、出力形式名称が別名保存した内容に変わっていることを確認し、「商品コード」欄に操作Aで登録した商品コードを設定した後、画面右下の[参照]をクリックします。

image008.jpg 

 

9.「ファイルを開く」画面が表示されますので、任意の保存先(例:デスクトップ等)を設定し、ファイル名に任意の名前(例:組立商品)を入力して、画面右下の[開く]をクリックします。

image009.jpg 

 

10.テキストデータ出力の画面に戻りますので、設定内容に間違いがないことを確認の上、画面右下の[開始]をクリックします。操作B-9で設定していただいた保存先にファイルが出力されたことを確認します。

image010.jpg 

※この際、出力したファイルを開いてしまうと、内容が書き換わる恐れがございます。ファイルを開かずに出力できていることを確認していただくか、開いても上書き保存等せず閉じてください。

 

 

C.出力したファイルを加工する

 

操作Bで出力したファイルを開くと、以下の画像のように項目が並んでいます。

image011.jpg

このファイルをベースに加工していただき、それを販売王に取り込むことで、組立商品を一括で登録することが可能です。加工の例と致しましては以下をご参照ください。

 

《加工例》

ここでは「カレーセット」という組立商品を作成してみます。

※組立商品のテキストを取り込む際、組立商品の構成商品については、既に販売王に登録されている商品である必要がございますので、ご注意ください。

 

・【商品台帳.商品コード】「カレーセット」の任意の商品コードを入力します。

image012.jpg 

 

・【商品台帳.商品名】新規に登録する組立商品の商品名を入力します。

image013.jpg 

 

・【商品台帳.商品種別】「3(組立商品)」を入力します。行を増やした場合は、その行にも「3」を入力します。

image014.jpg 

 

・【構成商品情報.順番】組立商品の構成商品について順番を入力します。構成商品の数だけ、上の行から「1、2、3・・・」と入力します。

image015.jpg 

 

・【構成商品情報.部品商品コード】既に登録されている構成商品の商品コードを入力します。

・【構成商品情報.商品名】既に登録されている構成商品の商品名を入力します。

image016.jpg 

 

・【構成商品情報.数量】組立商品を1つ作成するにあたって、消費する構成商品の数量を入力します。

 

 

その他の項目も修正していただき、取り込むファイルの加工が終わりましたら、加工内容を保存して、以下の操作Dに進んでください。

 

 

D.テキストデータ入力で組立商品を一括で取り込む

 

1.ダイレクトメニュー「ツール」-「テキストデータ入力」を開きます。

 

2.入力形式名称に「商品台帳(販売王11~形式)組立商品」を選択し、入力元枠内の右の[参照]をクリックします。

image017.jpg 

 

3.「ファイルを開く」画面が表示されますので、操作B-9で設定した保存先から、出力・加工したファイル名を選択し、画面右下の[開く]をクリックします。

image018.jpg 

 

4.テキストデータ入力の画面に戻りますので、「入力ファイル名」をご確認いただき [開始]をクリックします。

image019.jpg 

 

※このとき、取込条件の「データは取り込まずエラーチェックのみ行う」にチェックを付けている場合、事前にお客様のデータを問題なくテキストデータ入力できるかどうか確認することができます。

image020.jpg

 

5.「エラーデータ出力ファイルを上書きしてよろしいですか?」というメッセージが表示される場合、 そのまま[はい]をクリックします。

image021.jpg 

 

6.テキストデータ入力前にプレビュー画面が表示されますので、項目名と内容が一致していることを確認し、[開始]をクリックします。

image022.jpg 

 

7.インポート処理中となりますので、このままお待ちください。

image023.jpg 

 

8.「正常に○件のテキストデータを入力しました。」というメッセージが表示されます。[OK]ボタンをクリックして「テキストデータ入力」画面を閉じ、商品登録に作成したテキストの組立商品が取り込まれていることをご確認ください。

image024.jpg 

※エラーが発生してテキストデータ入力できなかった場合、初期値ではドキュメント内に「Error.log」ファイルが作成されますので、こちらでエラーの内容を確認することができます。エラーの部分を修正して再度テキストデータ入力をお試しください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています