ソリマチ製品Q&A製品Q&Aは「いつでも」「すべてのページを」「どなたでも」ご覧になれます。

Q.該当期間内に取引のある仕入先の情報をテキスト出力したい場合の対処法

対象製品
販売王18販売・仕入・在庫以降

 

 

該当期間内に取引のある仕入先の場合は、該当期間内の仕入伝票の付箋を元に仕入先を検索することができかねるため、以下の操作手順で該当期間内に取引のある仕入先に付箋を設定し、仕入先情報を出力します。

 

A.該当期間内に取引のある仕入先を絞り込み、付箋をつける

※念のため、バックアップを取ってから以下の操作をお試しください。

 

1.ダイレクトニュー「仕入管理」-「仕入集計表」を開きます。

 

2.「仕入集計表条件指定」の画面で、集計単位1が「仕入先別」、伝票日付に該当の期間、画面左下の「全ての項目が0円の明細は表示しない」にチェックを入れた状態で[開始(F12)]をクリックします。

image001.gif 

 

3.仕入先が表示されましたら、画面右上の[Excel出力]をクリックします。

 

4.「CSVファイルへ出力」にチェックを付けて、「出力後にExcelを起動する」のチェックを外し、[実行(F12)]をクリックします。

image002.gif 

 

5.パソコンのドキュメントを開き、『SHIIRESYUUKEI』のCSVファイルを開きます。

 

6.Excelファイルが開きましたら、不要な行や列を削除し、下記の画像のようにコードの列だけを残して上書き保存します。

image003.gif 

 

7.再度販売王を開き、ダイレクトニュー「ツール」-「テキストデータ入力」を開きます。

 

8.画面上の「入力形式名称」を『仕入先台帳(販売王11~形式)』に設定して、画面左下の[入力形式編集(E)]をクリックします。

 

9.画面左下「CSV入力形式」内の対象項目名で「仕入先台帳.仕入先コード」のみを残し、他の項目は削除して[別名保存(F12)]をクリックします。

image004.jpg 

 

10.レイアウト名称に『仕入先台帳(販売王11~)付箋用』と入力して[保存(F12)]をクリックします。

image005.jpg 

 

11.「テキストデータ入力」の画面に戻りますので、画面下「入力データに付箋付ける」の付箋1を「指定なし」から「赤」に変更します。

image006.jpg 

 

12.「入力元ファイル名」右側の[参照(R)]をクリックして、手順5で保存したCSVファイルを指定し、[開始(F12)]をクリックして取込します。

 

 

B:赤い付箋が付いた仕入先の情報を出力する

 

1.ダイレクトニュー「ツール」-「テキストデータ出力」を開きます。

 

2.画面上の「出力形式名称」で「仕入先台帳(販売王11~形式)」を選択し、画面左下の[入力形式編集]をクリックします。

 

3.画面左下「CSV入力形式」内の対象項目名で出力に必要な項目のみを残し、他の項目は削除して[別名保存(F12)]をクリックします。

image007.jpg 

 

4.「レイアウト名称」に『仕入先台帳(販売王11~)住所用』と入力して[保存(F12)]をクリックします。

image008.jpg 

 

5.「テキストデータ出力」の画面に戻りますので、抽出条件の「付箋1」に『赤』を指定し、「出力ファイル名」右側の[参照(R)]をクリックします。

 

6.「ファイルを開く」画面が表示されますので、ファイルの出力先と出力するファイル名を指定し、画面右下の[開く(O)]をクリックします。

 

7.「テキストデータ出力」の画面に戻りますので、画面下の[開始(F12)]をクリックして出力を行ってください。

 

以上の操作より、該当期間内に取引のある仕入先の情報が出力できましたので、出力されたファイルをご確認ください。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています